カプリ (提供:SorrentoVibes)
FEATURE
TRAVEL 10 May 2021

【保存版】エキスパートが伝授する、アマルフィ海岸の楽しみ方


街路樹が新緑で覆われ、外の空気を深く、深く吸い込むと、春のエネルギーで身体中が満たされるこの季節。イタリアに住んでいる多くの人は「春」を飛び越えて、「早く海に行きたいな」という感情に駆られます。

まだ海辺でのリゾートには少し早いですし、日本からの旅行となると未確定な部分も多いのですが、未来に向けての情報収集!ということで、「世界一美しい海岸」と称され、1997年に世界遺産にも登録されている「アマルフィ海岸」の魅力を次回から5回シリーズでお送りします。今回は、この5回シリーズのイントロダクションという位置付けです。

アマルフィ海岸の写真ソレント (提供:SorrentoVibes)

アマルフィ海岸とは?

『Italianity』をご覧のイタリア好きの皆様であれば「アマルフィ海岸」の名前はご存知で、訪問された経験のある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、中には「初めて聞いた」という方もいらっしゃると思いますので簡単な概要からご紹介します。

アマルフィ海岸の地図

アマルフィ海岸とは、カンパーニア州の州都ナポリの空港や駅から車で1時間、断崖絶壁の上に位置する街ソレントの南岸から、サレルノまで伸びる約30kmにわたる海岸線を指します。この海岸線からの景色は絶景で、世界中で最も愛されている避暑地の一つ。ナポリ民謡「帰れ、ソレントへ」で世界的に有名な街ソレントと、海岸の名前となっているアマルフィが中心都市で、この地域を満喫するには2つの街のどちらかを拠点とするのがおすすめです。

アマルフィ海岸の写真アマルフィ (提供:SorrentoVibes)

「アマルフィ」という名前は、伝説によると、ギリシャ神話の英雄ヘラクレス(ローマ神話ではエルコレ)が愛した妖精「アマルフィ」が突然亡くなった際に、この世で最も美しい土地に彼女を埋葬しようと選んだ土地がこのアマルフィだったとされています。

中世には、この地域一帯は海洋都市国家「アマルフィ公国」として栄え、海商法を整備しました。そのため、ピサやジェノバ、ヴェネツィアなどが台頭する前までは、地中海貿易を支配していたと言われています。

アマルフィ海岸の魅力を語ってくれるエキスパート

そんな太古の昔から豊かで、絶賛され続けているアマルフィ海岸の真の魅力を、今回から私たちに語ってくださるのは、アマルフィ海岸の玄関口ソレントで生まれ育ったGiuseppe Morvillo(ジュゼッペ・モルヴィッロ)さん。彼はナポリでコミュニケーションの学士、ロンドンでジャーナリズムの修士を取得後、アメリカやベルギー、フランスなどで生活し、世界中のさまざまな地域の美しさや文化に触れてきました。

SorrentoVibesサイト、写真枠内;ジュゼッペさん(提供:SorrentoVibes)SorrentoVibesサイト、ジュゼッペさん(提供:SorrentoVibes)

そんなジュゼッペさんが最終的にたどり着いたのが、生まれ故郷のアマルフィ海岸。「イタリアの魅力は世界のどこにもないんだ。結局、イタリアに生まれたら、イタリアに戻ってくるんだよ」と語ります。現在は、お兄さん、弟さんと一緒にソレント近郊にて「SorrentoVibes」という会社を家族で経営。60にも上る宿泊施設を扱い、アマルフィ海岸近郊でのお客様それぞれの希望にあった最高の滞在を実現するためのテーラーメイドの旅行支援などを行っています。

SorrentoVibesの想い

ジュゼッペさんたちは自らが長期間海外に住み、観光客としても多数の体験した経験に基づいて、「観光客から搾取するのではなく、観光客に本物の情報を提供したい」という強い想いを持っています。そのため「つねに人間的で、地元に根付き、本物であり続ける」という考えを大切にし、地元の人が愛する本当のアマルフィ海岸の情報や魅力を、この地を訪れる人々に伝えています。

SorrentoVibesは、宿泊施設をきっかけとしてお客様からコンタクトを受けることが多いとのことですが、ファーストコンタクトの段階から、お客様の要望を伺い、大規模で画一的な大手のアプローチではなく、街や地域の特性をお伝えしなが最適な宿をご提案しています。その後、お客様のご希望に沿った滞在支援プランを一緒に作り上げていきます。SorrentoVibesの強みの一つに、地元を知り尽くしたパートナーがいるということが挙げられます。

ポジターノ (出所:イタリア政府観光局)ポジターノ (出所:イタリア政府観光局)

例えば、移動手段一つをとっても、地上経由であればバスだけではなく、自動車やヴェスパ、自転車、電気自転車など、さまざまなサービスから選ぶことが可能です。また、現地の自然を満喫するためのハイキングやトレッキングといったアウトドアアクティビティや、絶景のロケーションの中、心も身体もリラックスできるようなヨガやマッサージといったリトリートも豊富に取り揃えています。

5日間でアマルフィ海岸を満喫できる旅程をご紹介

次回からの5回シリーズでは、長期休暇の取得が難しい日本からのご旅行を想定し、5日間でアマルフィ海岸の魅力を満喫できる旅のプランをご紹介していきます。各回「Day1の旅程+家族向け宿泊施設」、「Day2の旅程+歩くのが苦手な方向けの宿泊施設」といったようにご紹介しますので、ご自身のお気に入りの工程だけをご参考にしていただくことも可能です。

カプリ (提供:SorrentoVibes)カプリ (提供:SorrentoVibes)

1日目:カプリ島ボートツアー
2日目:アマルフィの街々を巡るツアー
3日目:ポンペイ遺跡&ワインテイスティング
4日目:ナポリ旧市街訪問&最高のピッツァ体験
5日目:クッキングコース&ボートでのサンセットツアー

これらのメインアクティビティにプラスして、ジュゼッペさんおすすめのカフェやジェラートショップ、絶景スポットなど、地元の人々が愛するスポットも続々登場予定です。Italianityの記事をご覧になった方への特典もご用意できましたので、次回からのシリーズをぜひお楽しみに! 私も今からワクワクしています!!

会社情報:SorrentoVibes

WRITER PROFILE
須飼真理

ボローニャ在住。通訳・翻訳家。エミリア=ロマーニャ州初の日本人認定旅行添乗員。食いしん坊&楽天家&晴れ女。日米の大学を卒業後、大手外資系企業にて経営コンサルタントとして勤務。2006年渡伊。ハイファッションの翻訳を中心に、レッジョ・アプローチなど幼児教育現場の視察コーディネートや各種展示会通訳、鰻祭りなど食関係のイベントオーガナイズや執筆まで、いただける機会に感謝しながら日伊の架け橋となるべく活動中。特技は様々なことに興味を持てること。男の子2人のマンマ。http://felicitalia.net