chocolate_mousse_valentine_recipe
FOOD 10 Feb 2021

【レシピ】大切な人と過ごすバレンタインディナー


もうすぐバレンタインデーがやってきます。 今年はどんな過ごし方をされますか?
2月14日にチョコレートを贈るのは今や国民的な行事と言っても良いほど浸透していますが、バレンタインデーの発祥の地イタリアでは男性が女性へカードをギフトを贈り、プレゼントもディナーも準備するのは男性です。

関連記事:イタリアンスタイルのバレンタインデーの過ごし方「定番のプレゼントは?バレンタインデーに告白はあり?」

今年のバレンタインは、大切な人へ日頃の感謝と愛を確認するイベントとして家で手料理をいただくのはいかがでしょうか。 温かな料理とデザートを食べながら過ごすディナーは格別な時間になるはず。

今回は私が作り続けているオリジナルラザニア、手軽に作れる前菜、そして簡単でとびきり美味しいチョコレートムースをご紹介しようと思います。
前菜をつまみながらラザニアが焼き上がるのを待ち、そして焼き上がった熱々のラザニアを頬張り、滑らかな口当たりのチョコレートムースをいただく..とても素敵なディナーになること請け合いです。

前菜3種

さっと作れる前菜はおもてなしの必須アイテムです。
メインのラザニアがボリューム感たっぷりなので、野菜やフルーツ、魚介を使った軽めで彩りのバランスの良いものがおすすめです。

海老のパン粉焼き

appetizer_shrimps_valentine

オーブン任せで仕上げられる一品です。 海老の殻までパリッと食べられる様に香りパン粉をかける前に海老をオーブンで加熱しておくのがコツです。

<材料>(2人分)

海老(中サイズ) ― 8尾
塩・こしょう ― 各少々
オリーブオイル ― 大さじ1と1/2
A:パン粉 ― 大さじ3
A:パセリ のみじん切り ― 大さじ1と1/2
A:にんにくのみじん切り ― 1/2個
A:パセリのみじん切り ― 大さじ2

<作り方>

1. オーブンを190度に余熱する。 海老は殻の上から切り込みを入れて背わたをとる。 塩水で洗い、水が濁らなくなるまですすぎ、水気をキッチンペーパーで取り除く。 塩、こしょうをふる。 Aを混ぜ合わせる。
2. 1の海老を耐熱容器に並べ、オリーブオイルを回しかけ、オーブンで15分加熱する。
3. 1を取り出し、混ぜ合わせたAをかける。オーブンを210度に上げ、パン粉が香ばしい焦げ目がつくまで3~4分加熱する。

オレンジの唐辛子風味のマリネ

orange_marine_valentine

日本では意外な組み合わせのこのマリネ。 オレンジのジューシーさな甘酸っぱさが、しょっぱい、辛いと渾然一体となった新しい美味しさです。

<材料>(2人分)

オレンジ ― 1個
赤唐辛子 ― 1/3本
イタリアンパセリのみじん切り ― 大さじ1/2
エクストラバージンオリーブオイル ― 大さじ1/2
レモン汁 ― 小さじ1
塩 ― 少々

<作り方>

1. オレンジは皮を薄皮ごと包丁で剥いて、7~8ミリの厚さの輪切りにする。 赤唐辛子は種を抜き、みじん切りにする。
2. 全ての材料を混ぜ合わる。

フルーツトマト、リコッタチーズ、アンチョビの一皿

tomato_ricotta_valentine

材料を切ってのせるだけで完成する一皿です。 濃厚な味のフルーツトマト、まろやかな風味のリコッタチーズ、アンチョビの塩気がいいバランスです。

<材料>(2人分)

フルーツトマト ― 2個
リコッタチーズ ― 適量
アンチョビ ― 1〜2尾
エクストラバージンオリーブオイル ― 少々

<作り方>

1. フルールトマトは4等分の輪切りにする。 アンチョビは1尾を4等分に切り分ける。(大きめのアンチョビの場合は8等分にする)
2. トマトを皿に並べ、リコッタチーズ、アンチョビの順にのせ、仕上げにオリーブオイルを少々垂らす。

ラザニア

lasagna1_valentine

ホワイトソースの代わりに生クリームとカッテージチーズを、オリーブオイルで和えたほうれん草を重ねるのが私流の作り方です。 さっぱりと、でもコクのある仕上がりになります。

<材料>
ラザニアパスタ ― 3枚
A:カッテージチーズ ― 100g
A:生クリーム ― 100ml
A:塩 ― 小さじ1/2
ほうれん草 ― 1/2束
B:塩・こしょう ― 各少々
B:オリーブオイル ― 大さじ1/2
ピザ用チーズ ― 300g
<〜ミートソース(作りやすい量)〜>

合いひき肉 – 500g
玉ねぎ – 1/2個
にんじん – 1/4本
セロリ ― 1/2本
にんにく – 1かけ
オリーブオイル – 大さじ2
トマトの水煮缶 – 2缶
赤ワイン – 1カップ
塩 – 小1
黒こしょう – 少々

<作り方>

1. ミートソースを作る。
玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくはみじん切りにする。 フライパンにオリーブオイルを熱し野菜を炒め、火が通ったらひき肉を加え、炒める。 ひき肉がパラリとして水分がなくなったら、ワインを加えてアルコール分を飛ばす。 続いてトマトの水煮缶を加え、1/2量になるくらいになるまで煮て、塩、こしょうを入れ味を整える。

lasagna_meat_valentine

2. たっぷりの湯を沸かし、多めの塩を加え、ラザニアパスタを袋の表示に従って茹でる。 サラダ油少々(分量外)を加えて時折混ぜながら茹でると、パスタ同士がくっつくのを防げる。
3. ほうれん草を茹でてたっぷりの水にさらし、水気を絞り、2センチの長さに切り、Cと和える。
4. Aを混ぜ合わせる。
5. 耐熱容器にミートソースを敷く。

lasagna_meat2_valentine

6. パスタを重ねる。

lasagna_3_valentine

7. 4のホワイトソースを敷く。

lasagna_cheese_valentine

8. 3のほうれん草をのせる。

lasagna_spinach_valentine

9. ピザ用チーズを散らす。

lasagna_mozz_valentine

10. パスタを重ね、同じ工程を繰り返す。
11. 最後はミートソースを敷き、ピザ用チーズを散らす。

lasagna_mozz_meat_valentine

12. 190度のオーブンで20分程焼く。

lasagna_result_valentine

チョコレートムース

chocolate_mousse_valentine_recipe

<材料>(2人分)

チョコレート - 75g
生クリーム - 75cc
砂糖 - 10g
マスカルポーネチーズ - 90cc
ブランデー - 大さじ1/2
ピスタチオのみじん切り ― 少々

<作り方>

1. チョコレートは刻んで湯煎にかけて溶かし、人肌に冷ます。
2. ボウルに生クリームと砂糖を入れて氷水に当てながら7分立てに泡立てる。
3. マスカルポーネチーズを滑らかになるまで混ぜて、1を加えて混ぜる。全体が混ざったらブランデーを加えて、氷水に当てながら混ぜてクリームをしめる。
4. 3に2を加えてよく混ぜる。
5. 3を器に入れて冷蔵庫で30分程冷やし、ムースを休ませ、ピスタチを散らす。

いかがでしょうか。
どれも簡単なレシピばかりです。
是非作ってみて下さいね。

valentine_recipe_lasagna_appetizer

WRITER PROFILE
高木あゆみ
高木あゆみ

横浜・青葉台と東京・浜松町での料理教室『ahhouse』を主催。食品メーカー、書籍、出版向けのレシピ開発及び撮影、イベントでのクッキングデモストレーション、食材セミナーなどを行っている。季節の野菜やハーブを使い和食、イタリアン、エスニックなどをミックスしたボーダレスな料理を得意とし、食卓には様々な国籍の料理が並び、海外向けのレシピ開発の仕事も多い。二男の母、朝5時に起きて息子のお弁当を作り、ランニングをするアクティブ派。自分にとっての心地よさを何よりも大切にする。ブログhttp://ahhouse.wordpress.com