ART & DESIGN 02 Aug 2021

日本人デザイナー作品も展示。イタリアデザインが光るCasa Italiaこだわりのデザイン


イタリア国立オリンピック委員会が主催する公式ホスピタリティハウス「Casa Italia」では、
「Mirabilia (ミラビリア=「驚異的なもの」という意味) 」をコンセプトに、スポーツ、サステナビリティ、アート、デザインの分野からイタリアが世界に誇るコンテンツを発信しています。

そしてこの度、Casa Italia館内のデザインについて紹介するオフィシャル映像が公開されました。

案内人を務めるのは、Casa Italiaのデザインディレクターを務めたClaudia Pignatale氏。今回、日本で初お披露目となった、日本人デザイナー梅田正徳氏がデザインを手掛けたイタリア家具ブランドEdraのRose Chairや、東京オリンピックの聖火リレートーチデザインを手掛けた吉岡徳仁氏が、イタリアブランドGlassitaliaのためにデザインしたテーブルなど、日本とイタリアの融合を感じるデザインが溢れています。

<関連記事>
イタリア国立オリンピック委員会公式ホスピタリティハウス「Casa Italia(カーサイタリア)」からイタリアが世界に誇るコンテンツを発信
「ミラビリア(驚異的なもの)」をテーマにCasa Italiaに集められたイタリアが誇るアート作品を紹介

WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/