LIFESTYLE 19 Jan 2021

オンラインで購入可能!
2021年バレンタインにおすすめイタリアンチョコレート


間もなくやってくる甘い季節、バレンタインデー。今年はこれまで実店舗でしか購入できなかったブランドのチョコレートも、オンラインショップで購入できるチョコレートが増えています。
今回は2021年のバレンタインデーにオススメのオンラインで購入可能なイタリアンチョコレートをご紹介!
恋人に、家族に、同僚に、日ごろの感謝を甘いチョコレートで伝えてはいかがでしょう?

ヴェンキ

​創業140年以上の歴史を持つイタリア・ピエモンテ発のチョコジェラテリア ヴェンキ(Venchi)。これまでは店舗のみの販売でしたが、今年1月に公式オンラインショップがオープンし、日本全国から購入が可能になりました。

1500年代にイタリアのフィレンツェで生まれた装飾 “コメッソ・フィオレンティーノ(Commesso Fiorentino)” のモザイクアート技法からインスピレーションを得たという、ピンクと赤の鮮やかなコントラストが特徴的な「ローズレッド」シリーズは、2021バレンタインデーのためにデザインされた期間限定のギフトボックスです。

ローズレッド ジャンドゥイオット ¥3,456(税込)ローズレッド ジャンドゥイオット ¥3,456(税込)

Venchi Online Store「バレンタイン&ホワイトデー」商品一覧 
https://venchi.co.jp/item?category_id=902

カファレル

カファレル

1826年、イタリア・トリノで誕生した老舗チョコレートブランド カファレル(Caffarel)。焙煎したヘーゼルナッツのペーストとカカオを配合した「ジャンドゥーヤチョコレート」を発明し、世の中に広めたブランドです。

カファレルの2021年バレンタインのテーマは、イタリア語で、“こころのつながり”を意味する「Catena di Cuore/カテーナ・ディ・クオーレ」。花とリボンがあしらわれたバレンタイン限定パッケージが揃っています。

バスケット ¥3,240(税込)

カファレルオンラインショップ
https://www.caffarel.co.jp

ブルガリ イル・チョコラート

都内のブルガリ イル・チョコラート工房にて、イタリア産食材をはじめとする世界中の素材が集められ、一つ一つ手作業で仕上げられるブルガリ イル・チョコラートのチョコレート。一粒に2~3日かけて完成させるというこだわりぶりです。

そんなブルガリ イル・チョコラートの2021年バレンタインのテーマは、『フレーバーで巡る、イタリアの甘美な旅』。古代ローマの壮麗な遺跡、カラカラ浴場を彩るモザイクからインスピレーションを受けたブルガリのジュエリーモチーフ、『ディーヴァ』をヒントにしたパッケージは、ゴールドに優美な曲線を描き、イタリアが放つタイムレスな魅力が表現されています。

サン・ヴァレンティーノ 2021 (4個入)サン・ヴァレンティーノ 2021 (4個入)¥4,800(税込)

バレンタインスペシャルサイト
https://gourmet.bulgari.com/shop/pages/sanvalentino2021.aspx

ビチェリン

1763年、イタリア・トリノで創業した老舗カフェ ビチェリン(Bicerin)。イタリア初代首相カブールや哲学者ニーチェ、『三銃士』『モンテクリスト伯』の著者アレクサンドル・デュマ・ペールに愛され、店名を冠したチョコレートドリンク『ビチェリン』は、文豪ヘミングウェイに『世界で残すべき100 の物』の一つに選ばれたと言われています。

そんなビチェリンから2021年バレンタイン向けに登場したのは、なんと日本発のメンズラグジュアリー・アンダーウェアブランド「TOOT」のボクサーパンツがセットとなったオリジナルコラボレーションギフト!「LOVE」が刻印されたチョコレートフィナンシェに愛らしい赤いハートチョコ、「LOVE」の文字をランダムに散りばめたボクサーパンツをセットにしたバレンタインに最適なギフトです。

TOOT×Bicerin セット・ディ・サン・ヴァレンティーノTOOT×Bicerin セット・ディ・サン・ヴァレンティーノ ¥8,000(税抜)

購入先:TOOTオフィシャルWEBサイト
https://www.toot.jp/valentine2021/

<バレンタイン関連記事>
バラの花束を抱えて。イタリアのバレンタイン事情と愛を伝える言葉
イタリアンスタイルのバレンタインデーの過ごし方「定番のプレゼントは?バレンタインデーに告白はあり?」
バレンタイン発祥の地イタリアのバレンタインデー事情【小林真子のイタリア通信】

WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/