エスプレッソ バリスタ
FOOD 25 Jul 2018

エスプレッソの日を楽しもう!|阿部バリスタのコーヒータイムズ


「エスプレッソの日」って、皆さんご存知ですか?

1906年4月に開催されたミラノ万国博覧会で、イタリア国民が初めてエスプレッソとよばれるコーヒーを口にしたことを記念して、4月16日が「エスプレッソの日」として制定されました。

ただし、当時は現在のエスプレッソとは異なり、クリーミーで奥行きのある味わいというよりはどちらかというとトルココーヒーのように煮出したようなものだったと考えられます。

現在、イタリアをはじめ、わが国日本でも日本記念日協会によって正式に認定されている4月16日の「エスプレッソの日」には、イタリアンバールをはじめとする専門店それぞれが趣向を凝らしたサービスやイベントを提供していることが多いので、ぜひ訪れてみてください。

この連載コラム「阿部バリスタのコーヒータイムズ」では、私、バリスタの阿部圭介が今までに培ってきた知識と経験・体験談をもとに、読者の皆さまに少しでもイタリアのコーヒー文化や習慣、価値観などを楽しくお伝えし、我々の職業に関心をもっていただけるよう、発信していきたいと考えております。

さあ、これから私がエスプレッソコーヒーの世界へご案内していきましょう!

〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉阿部バリスタのインタビューはこちら

関連記事:4月16日はイタリア・エスプレッソ・デー。バリスタ中川直也さんに聞く、エスプレッソの楽しみ方【もっとエスプレッソ!】

関連記事:深いコクと余韻。南イタリアの豆を味わう「ピエトレ・プレツィオーゼ」【もっとエスプレッソ!】

【「阿部バリスタのコーヒータイムズ」シリーズ一覧はこちら】

【初出:この記事は2017年10月2日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
阿部 圭介 Keisuke Abe

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。ピエトレ・プレツィオーゼ http://www.pietrepreziose.jp/