AUTOMOTIVE 28 May 2021

「マセラティ」が世界的ファッションデザイナー藤原ヒロシ氏とのコラボレーションを発表!


イタリア・モデナを拠点とする、イタリアを代表するカーブランド「マセラティ」が、世界的に有名なクリエイターであり、ストリート文化を牽引してきた「フラグメントデザイン」を率いる藤原ヒロシ氏との新たなコラボレーションを発表しました。

今回のコラボレーションは、藤原ヒロシ氏がマセラティの故郷であるモデナ、そして現在と未来のマセラティモデルがすべてデザインされているデザインセンター チェントロ・スティーレ・マセラティを訪れたことからスタート。

藤原ヒロシ氏がマセラティのユニークで象徴的なデザイン、色や素材に関する徹底したこだわり、物語を呼び起こすアーティスティックなディテール、そして最先端のエンジニアリング・イノベーションを目の当たりにし、インスパイアされました。

マセラティと藤原ヒロシ氏

マセラティの歴史や進化を支えてきた様々な要素を解釈し誕生した、今回のコラボレーション「Fragment x Maserati」。

マセラティの輝かしいスポーツカーモデルの系譜に、藤原ヒロシ氏が独特のヒネリを加え、ふたつのブランドから新たなビジョンが生まれました。

マセラティと藤原ヒロシ氏

マセラティのCMOであるパオロ・トゥビトは今回のコラボレーションについて、次のように述べています。

「ブランドの新時代の幕開けとともに、マセラティは異端な存在であるということを改めて印象付けました。このモデルでは自らのルールを破り、インターナショナルかつコンテンポラリーな空気感を纏っています。マセラティは本質的に革新的であり、情熱によって動かされ、ユニークなデザインという特徴を持っています。だからこそクルマとは異なる世界からのインスピレーションを受け入れることにも寛容であり、藤原ヒロシ氏とのコラボレーションでは、私たちの明らかな変化、真のユニークさを持つ存在であることを証明します。」

また、藤原ヒロシ氏は、次のように話しています。

「マセラティの本拠地であるイタリアのモデナを訪れたとき、ブランドの伝統に非常に惹きつけられ、特にマセラティ車のフロントグリルが長年にわたって進化してきたことにとても感銘を受けました。デザインセンターでは、さまざまなスケッチや素材、スタイルスタディ、細部へのこだわりに魅了されました。私は長い間クルマに夢中でした。クルマとのコラボレーションを行うのは初めてですが、そのパートナーがマセラティであることをとても嬉しく思っています。」

マセラティと藤原ヒロシ氏のパートナーシップにより生まれた、『マセラティ ギブリ ハイブリッド』をベースにしたリミテッドエディションの公開発表は、2021年6月24日に東京で開催予定とのこと。その公開が今から待ち遠しいです。

マセラティと藤原ヒロシ氏のコラボレーション「Fragment x Maserati」

関連記事
設立106周年を迎えたマセラティから過去、現在、未来をつなぐショートムービー公開!
イタリアの高級車ブランド マセラティの日本法人社長グイド・ジョバネッリ氏が語る、日本におけるストラテジーとプライベートライフ
カーグラフィック元編集長・渡辺慎太郎が、マセラティの本拠地モデナを訪れてわかったこと
遊びを忘れないオトナのSUV「マセラティ レヴァンテ」オーナー インタビュー| Maserati Levante スポーツカー

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/