TRAVEL 21 Jul 2021

地中海の宝石ランペドゥーサ島からカラブリアまで南イタリアのおすすめ


イタリアといえば教会、絵画といった文化・街の印象が強いのですが、海もとても美しいのです。イタリアツアーの合間にせめて2日くらい、海へ行く日を入れて欲しいなぁと思っています。

特に南イタリアの海。地中海、イオニア海に面したあたりの水の透明度の高さ、風景の美しさは最高です。ただし、8月は観光客も多く、なかなか大変なので、旅行におすすめなのは6月と9月。次が7月です。

2021年のイタリアに来るのは、まだちょっと難しい。なので、美しい景色が見れる動画を集めてみました。

サルデーニャ

地中海で2番目に大きな島です。自然のままの白い海岸線、渓谷に遮られ徒歩か船でしか行けない美しいビーチがあります。手付かずの自然と洗練されたリゾートが同じ島内にあるのが魅力です。

徒歩で行く最高のビーチ

シチリア

過去の村上春樹さんのエッセイで、料理以外はけっこうボロボロに書かれていた印象のあるシチリアの街ですが、海がとてもきれいです。日に焼けて白くなった建物と青い海、どこをとっても絵になります。

特に一度は行ってみたい絶景として有名なランペドゥーサ島。抜群の透明度です。

このLo Stato Socialeのヒット曲は美しい景色の中にある悲しさ、ボートでイタリアへ逃れてくる難民や国境の問題を取り上げています。

プーリア

石で積まれたとんがり屋根の住宅のあるアルベロベッロがあるのがプーリアです。イタリアのブーツのかかと部分です。サルデーニャやシチリアほど国際的に有名な街ではないですが、見所はたくさん。イオニア海とアドリア海に面しているので、ビーチによって海の表情が違います。

プーリアといえば、Pizzicaというタンバリンを使った伝統音楽も有名です。夏のフェスタでは夜通し踊ります。こちらは結婚式。(もちろん全ての結婚式で踊るわけではないですよ!)

カラブリア

ブーツの爪先側です。イタリアの中で唯一といっても良い辛いものを食べる街。有名どころのナポリとシチリアの通過地点となって見落とされがちですが、ここも是非、おすすめしたい場所です。

まだまだ紹介しきれないくらい、たくさんあるイタリアの美しい海。ぜひ、一度訪れてください。

南イタリアについて紹介するイラスト

南イタリアについて紹介するイラスト

ワダシノブの記事をもっと読む 

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
ワダシノブ

イラストレーター・マンガ家。マンガ・書籍挿画・webなど幅広いジャンルで活躍。2007年にイタリアへ移住し、現在は北の街トリノに住む。イタリアに関するマンガ・エッセイをwebで連載中。Kpop・Kドラマが好き。趣味はpodcastの配信。HP→https://www.wadashinobu.com/ shinobu.it@gmail.com