FEATURE
TRAVEL 07 Oct 2019

電車・バス・地下鉄の料金とか罰金とか!


イタリアでの公共交通機関の乗り方

トリノ市内の移動にはいつも公共交通機関GTT(Gruppo Torinese Trasporti)を利用しています。バスの中で雨漏りしたり、ショーペロ(ストライキ)で来なかったりすることも、多々ありますが。概ね便利に使っています。

トリノ市内の切符は以下の種類があります。

・Biglietto City 100 – € 1,70 (100分以内なら何回でも乗り換え可能)
・MultiCity – € 10,00  (100分切符×6回分)
◇Daily – € 3,00 (1日券 電子切符・事前に登録又はアプリのダウンロードが必要)
・Daily – € 4,00  (1日券 紙の切符)
◇MultiDaily 7 – € 17,50  (1日券 ×7回分 電子切符・事前に登録又はアプリのダウンロードが必要)
・ Biglietto Speciale “Tour” valido per 48  – € 7,50 (48時間)
・ Biglietto Speciale “Tour” valido per 72 ore -€ 10,0(72時間)
(※)◇の切符は事前に登録又はアプリのダウンロードが必要です。

停留所の行き先表示には「番号・最終地点→出発点」が書かれているので、「自分の行きたい場所に停まるかどうか分からない」なんてことはありません。

イタリアの電車やバスの切符は事前購入が原則です

注意が必要なのは、切符の買い方です。

必ず、乗車の前に切符を買います。地下鉄の駅や一部の電車・バスの中に券売機がありますが、基本はタバッキ(Tのマークのタバコの店)・エディコラ(雑誌のスタンド)・バールで買います。

もし、乗車時に切符を持っていないのが見つかると、はい、罰金です。

イタリアでキセルをすると厳しい罰金があります

イタリアの公共交通機関の切符は自己申告制です。切符を自分で買って、自分で打刻して持っておく。なので、簡単に無賃乗車ができてしまう感じがしますが、かなり厳しい抜き打ちの取り調べをしています。

Controllore(コントロローレ)と呼ばれる、GTTの職員が曜日・時間に関係なく切符の確認に乗り込んでくるのです。ちゃんと切符を持っていても、なぜかドキッとします。もし、切符をもっていなければ罰金ですよ。買い忘れにはご注意ください。

イタリアの何気ない日常がわかるワダシノブさんの記事一覧はコチラ

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
ワダシノブ
ワダシノブ

イラストレーター/マンガ家/gifアニメーター 🇮🇹在住、夏は🇯🇵 毎日 絵を描いています。ピザもご飯も好き。 ほぼ日刊note https://note.mu/shinobuwada コルクbooksでマンガ修行 https://corkbooks.com/users/?