TRAVEL 06 Aug 2020

イタリアのアルピニズム

SHARE

アルピニズムとは?

 アルピニズムとは、ロープやアプザイレンなどのクライミング装置を使って傾斜の大きい斜面や絶壁、氷山を制覇して楽しむスポーツのことです。語源はアルプス山脈からきており、アルプスやヒマラヤなど、高い技術を必要とする標高の高い山々へ登ることを意味します。
 2019年11月、このアルピニズムが、ユネスコの世界遺産の無形文化遺産に認定されました。「身体能力、登山技術、知性を集合させて難しい山々を超える芸術である」と評価されました。一つの国に限定されない、複数の国にまたがるテリトリーの文化遺産として認められたこと、自然と人間とのバランスについても評価されたことは、世界の関心がより国境を超えた共存や環境保護へと向かっている証拠です。

アルピニズムへの第一歩

 イタリアでアルピニズムをグループで楽しむには、イタリア山岳会というアソシエーションの会員になるか、アルプス山岳ガイド連盟などが主催する登山に参加するなどします。もちろん友人同士で自由に入山することができます。海外からの旅人も、登山ツアーを利用すると安心です。
イタリア山岳会は、1863年トリノで発足しました。3,500人の会員でスタートし、現在は合計30万人もの会員からなる大きな組織です。支部は、北から南まで450支部に分散しており、複数支部の合同のイベントなども頻繁にあります。全国ネットワークがとてもしっかりしているのです。会員数が最も多いのはアルプス周辺の支部。例えば、ロンバルディア州には4,000人もの会員がいます。日本山岳会の全体の会員数は5,000人とのことですから、イタリア山岳会の規模の大きさが分かります。

イタリア・アルプス山岳会の会員証とピン、毎年配布される年間プログラムイタリア・アルプス山岳会の会員証とピン、毎年配布される年間プログラム

 アルプス山岳会は、単に登山を楽しむためだけの会ではなく、トレッキングコースの敷設、清掃・メンテナンス、コース標識の設置、ロッククライミング用のボルダリングボルトのメンテナンス、ヘリコプターで接近不可能な場所で起きた事故の際に、徒歩による救出作業も行います。
 筆者の私は、10年前にイタリア山岳会に加入しました。若手へのアルピニズム入門コースを受講し、トレッキングからスペレオロジーという洞窟を探検するケーヴィング、ロッククライミングなど、基礎的なテクニックや装置の使用方法を学びました。

山岳会によって規定されている標識山岳会によって規定されている標識

イタリア山岳会・ラクイラ支部によって設置された分岐点の標識イタリア山岳会・ラクイラ支部によって設置された分岐点の標識

白亜紀(約1億年前)にはじまり、中新世(約1500万年前)に終わったアルプスの造山運動によって隆起した岩壁でロッククライミングする人(ドロミテ、サッソルンゴ)白亜紀(約1億年前)にはじまり、中新世(約1500万年前)に終わったアルプスの造山運動によって隆起した岩壁でロッククライミングする人(ドロミテ、サッソルンゴ)

若手へのアルピニズムコースで、初めてロッククライミングする女性(カゼルタ、カンパニア州)若手へのアルピニズムコースで、初めてロッククライミングする女性(カゼルタ、カンパニア州)

ケーヴィングの解説をするアルプス山岳会の洞穴専門家。イタリア語では、スペオロジア(Speleologia)と呼ばれ、ギリシア語のspelaion(洞穴)とlogos(論点、学問)の組み合わせた単語が語源(カステルチヴィタ、カンパニア州)ケーヴィングの解説をするアルプス山岳会の洞穴専門家。イタリア語では、スペオロジア(Speleologia)と呼ばれ、ギリシア語のspelaion(洞穴)とlogos(論点、学問)の組み合わせた単語が語源(カステルチヴィタ、カンパニア州)

石灰岩の地盤に地下水や雨水が浸透してできる鍾乳洞がイタリア中に点在石灰岩の地盤に地下水や雨水が浸透してできる鍾乳洞がイタリア中に点在

アルプス山岳会・ラクイラ支部によって管理運営されている山小屋。ポストコロナ は残念ながら宿泊不可(グランサッソ、アブルッツォ州)アルプス山岳会・ラクイラ支部によって管理運営されている山小屋。ポストコロナ は残念ながら宿泊不可(グランサッソ、アブルッツォ州)

グランサッソのコルノグランデで怪我人の救出シーンに遭遇。イタリア山岳会会員は無償で受けられるヘリコプターによる救出グランサッソのコルノグランデで怪我人の救出シーンに遭遇。イタリア山岳会会員は無償で受けられるヘリコプターによる救出

山と人との関わり

 人がいつから山へ登るようになったか、はっきりしたことは分かりませんが、ローマ時代ぐらいまでは、人が山へ入るのは放牧や狩猟のためだけでした。3〜4世紀になると、キリスト教の普及と共に、山の中の洞窟や岩肌に祈祷目的のために小さな信仰空間をつくるようになりました。このような聖なる空間は、山間部のアクセスしにくい場所に点在しており、現在はトレッキングに人気のスポットです。

初夏に移牧した後、標高の高い山にみられる放牧風景(アブルッツォ州)初夏に移牧した後、標高の高い山にみられる放牧風景(アブルッツォ州)

山頂にひっそりと佇む聖なる空間(カープア、カンパニア州)山頂にひっそりと佇む聖なる空間(カープア、カンパニア州)

先史時代の居住痕跡も度々発掘される洞窟(カープア、カンパニア州)先史時代の居住痕跡も度々発掘される洞窟(カープア、カンパニア州)

 山頂からの風景を楽しむことを初めて書物に記したのは、14世紀の詩人かつ学者のペトラルカでした。南フランスのモン・ヴァントゥ(Mont Ventoux)への登頂の感想を「周辺で最も高いこの山からの風景を以前からずっと眺めてみたかった。」と綴っています。しかし、ペトラルカのような人はこの時代には稀で、17世紀後半までは、山々は狩猟や木材調達、鉱物や金属の採掘の場でした。

1912mまでの急勾配の斜面を登る困難さ、山頂から眺めた風景が想像していたものと違っていたと驚きを記したペトラルカ1912mまでの急勾配の斜面を登る困難さ、山頂から眺めた風景が想像していたものと違っていたと驚きを記したペトラルカ

 
 アルプスの山が注目されはじめたのは、18世紀半ば。モンブランがアルプスで最も高い山と正式に認められた1745年以降、山に魅了されたイギリス人がまずは登りはじめました。スイスに登山電車がつくられ山岳観光国なると、それまでは貴族やブルジョワジーたちの娯楽であった登山が一気に大衆化します。イタリアのドロミテの魅力を開拓したのもイギリス人でした。ドロミテ山塊の初めてのガイドブックは、1864年にイギリス人によって出版されています。

急勾配の標高2485m山小屋を結ぶドロミテ、サッソルンゴのゴンドラリフト急勾配の標高2485m山小屋を結ぶドロミテ、サッソルンゴのゴンドラリフト

 忘れてならないのは、複数の国境が隣接するアルプス山脈は、常に戦争の舞台の場であったこと。アルプスの山々には、軍隊の駐屯地や要塞跡が保存されています。第一次世界大戦期のアルプス山脈を舞台にした物語は、ヘミングウェイの『武器よさらば』、トーマス・マンの『魔の山』、マリオ・リゴーリの数々の著作に登場しているほどです。

コルティーナ・ダンペッツォに繋がるフォルツァレゴ岬に残るトレ・サッシ要塞。オーストリア=ハンガリー帝国が建設し、第一次世界大戦中にイタリア軍が破壊。コルティーナ・ダンペッツォに繋がるフォルツァレゴ岬に残るトレ・サッシ要塞。オーストリア=ハンガリー帝国が建設し、第一次世界大戦中にイタリア軍が破壊

ドロミテのシウジ高原でパラシュートの落下訓練をするイタリア軍ドロミテのシウジ高原でパラシュートの落下訓練をするイタリア軍

登山を楽しむ

 トレッキングをしていると、ロープやヘルメットを抱えた20〜30代の若いイタリア人グループに度々追い抜かれます。イタリアの10〜20代の層に、ここ数年スポーツメーカーの服が普段着にも流行しています。イタリアには、フェリーノ(Ferrino)、サレワ(Salewa)などの登山ブランドがありますが、ドイツのドイター(deuter)やスイスのマムート(Mammut)の登山ウェア・グッズも人気です。もっと安い登山用品も量販店で購入でき、登山初心者は少しずつ買い揃えます。

コルノグランデの山頂への登頂を終え、ロープ、ボルダリング用シューズ、ヘルメットなどを抱えて下山する若い男性グループコルノグランデの山頂への登頂を終え、ロープ、ボルダリング用シューズ、ヘルメットなどを抱えて下山する若い男性グループ

コルティーナ・ダンペッツォの中心部にある登山用品店コルティーナ・ダンペッツォの中心部にある登山用品店

 アルピニズムの楽しみは、自然のなかで山岳景観をじっくり堪能すること。平地ではみることのないような珍しい植物や石を観察するのも楽しいものです。「自然」と書きましたが、このような景観や植物をいつまでも楽しめるように、多くの規制を設けて保護しています。
 全ての人が3000mの山頂まで登頂できませんから、途中にある山小屋ではどの年代の人も、ゆっくり楽しめるように計画されています。運ばれてくる食事はとてもシンプルですが、その地域の歴史や地理を語ってくれているようです。

500〜2000mの標高に咲くカーネーションの一種(Garofano di Montpellier)500〜2000mの標高に咲くカーネーションの一種(Garofano di Montpellier)

地域の食文化がよくわかる山小屋のシンプルな料理(サッソルンゴ、ドロミテ)地域の食文化がよくわかる山小屋のシンプルな料理(サッソルンゴ、ドロミテ)

 山小屋をコーヒーやトイレ休憩だけに利用して、ピクニックをする人もいます。実は山岳会のイタリア人のほとんどは、ピクニック派。座り心地のよい場所を譲りあい、それぞれが持ってきたアンティパストやドルチェを分けあいます。好きな料理の話など、たわいのない会話をするのはレストランとは違った楽しさがあります。

ピクニックをする家族連れピクニックをする家族連れ

 プライベートの山岳ガイドが主催する登山ツアーには、外国人もよく参加しています。ドイツ人やオランダ人はイタリア人を遠巻きに眺めながらついてくるだけですが、下山する頃にはすっかり打ち解けて、プライベートの話やアモーレの話にも参加している様子をみるのは面白いものです。皆で登るのを楽しむ、それがイタリア側のアルピニズモの特徴でしょうか。

登山の基点までは、できるかぎり車は乗合いで利用し、二酸化炭素排出量を最小限に抑制(セッラ峠、ドロミテ)登山の基点までは、できるかぎり車は乗合いで利用し、二酸化炭素排出量を最小限に抑制(セッラ峠、ドロミテ)

近くに流れる小川を整備して登山者がリラックスできる水辺空間を整備した山小屋(オルティセィ、ドロミテ)近くに流れる小川を整備して登山者がリラックスできる水辺空間を整備した山小屋(オルティセィ、ドロミテ)

アルピニズムと観光化

 スイスは、標高の高い山々に山小屋とリフトを建設して観光化を進め、フランスやイタリアもそれに続いてきました。その結果、現代のアルピニズムはとても大衆化しています。観光化が一人歩きせず、アルピニズムの誕生と共にイタリア山岳会のような組織が発足されたのは幸いでした。国中に大きなネットワークを網羅させて、山岳文化の啓蒙だけでなく、科学的研究や環境保護に貢献し、事故の際には行政や消防団と協力して救出活動する。アルプス三国間で知見も共有しあっています。
 アルプス地方の人たちが歩んできた自然と人間とのバランス、これからの山岳地帯の進むべき姿、イタリアのその他の中間山地はどうあるべきでしょうか。引きつづき、山仲間と討論しながらイタリアの山々を登っていきたいと思います。

中橋恵さんの記事をもっと読む

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
中橋 恵 Nakahashi Megumi
中橋 恵 Nakahashi Megumi

1973年岐阜県生れ。ロータリー財団、イタリア政府奨学金生としてナポリ大学工学部に留学の後、法政大学大学院工学研究科修士課程修了、ナポリ大学建築学部博士課程単位取得退学。地域再生に関するコーディネート、調査・執筆を行う。共著に『イタリアの小さな村へーアルベルゴ・ディフーゾのおもてなしー』、『世界の地方創生―辺境のスタートアップたちー』、『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』など。https://www.meguminakahashi.com/  https://www.instagram.com/creso.me/

PR

時計ジャーナリスト・並木浩一氏がおすすめする、注目の腕時計7選ーー価格を超えた“腕時計以上のスーパーウォッチ”とは?

Mondo Alfa
PR

ひと味ちがう。イタリアンなキャンプごはん

fiat magazine CIAO!
PR

ふわふわオムライスが看板メニューのカフェ&デリ「オッキアーリ」|愛車と楽しむおすすめカフェ巡り(岐阜)

SCORPION MAGAZINE
PR

イタリア流エスプレッソの楽しみ方

fiat magazine CIAO!
PR

イタリアのライフスタイルそのものを伝えたい。老舗チョコレート店「ヴェンキ」の挑戦

Mondo Alfa
PR

本場イタリアも驚く、絶品ナポリピッツァ 東京の名店

fiat magazine CIAO!