FEATURE
LIFESTYLE 30 Sep 2019

時差が変わる! サマータイムの終わり


サマータイムが終わってイタリア人が最初にすることは?

日本でもオリンピックに向けて導入が検討されたサマータイム。イタリアは1916年からサマータイムが導入されています。2019年は3月31日(日)~10月27日(日)まで。ヨーロッパはアメリカやカナダより1週間早く終わります。

サマータイムとは?

サマータイムは日の出ている時間に合わせて、時計を1時間進めることです。

サマータイムが始まる3月31日に1時間時計を進めます。10月27日の午前3時に1時間ほど後ろに戻します。

サマータイムは毎回日曜に終わります。月曜の朝起きると、まず家中の時計を直します。1時間後ろに戻すのです

サマータイムが終わったら家庭では何をするのでしょう?

サマータイムは毎回日曜に終わります。月曜の朝起きると、まず家中の時計を直します。1時間後ろに戻すのです。

この日は、唯一合法的に1時間多く眠れる日なので、たくさん寝るぞ!という人も。といっても、私は大抵いつも通りに起きてしまいますが……。

夏時間が終わった途端に、日がくれるのも早く感じるようになります。ぐっとイタリアにも冬の訪れが近づいてる感が

コンピュータ、スマートフォン、スマートウオッチは自動的に時間が調整されるのでそのままで大丈夫です。

電波時計ではない壁掛け時計や目覚まし時計などは、自分で直します。家電についている時計なども直さないとタイマーがちゃんと機能しないので注意です。

夏時間が終わった途端に、日がくれるのも早く感じるようになります。ぐっと冬の訪れが近づいてる感が……。

ワダシノブさんの記事一覧はこちら

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
ワダシノブ

イラストレーター・マンガ家。マンガ・書籍挿画・webなど幅広いジャンルで活躍。2007年にイタリアへ移住し、現在は北の街トリノに住む。イタリアに関するマンガ・エッセイをwebで連載中。Kpop・Kドラマが好き。趣味はpodcastの配信。HP→https://www.wadashinobu.com/ shinobu.it@gmail.com