コンチネンタル財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)
GOODS 27 Jan 2021

FENDIで見つけた! 新年に買い替えたいお財布5選


新年を迎え、お財布を新調したいとお考えの方も多くいらっしゃることでしょう。新春にお財布を購入すると、「春財布」=「張る」財布と言われており、大変縁起がよいとされています。大人女性に人気の長財布はもちろん、最近のキャッシュレス化に伴い、ミニ財布も支持を集めています。

今回は、イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド「FENDI(フェンディ)」で見つけた、デザイン良し、収納力良しのお財布を5点ピックアップ! お財布は、毎日使うアイテム、かつ意外と見られる機会が多いので、納得できるものを探したい。持ち物からも品性が伝わるので、どんなシーンにも対応できるタイプを妥協することなく、賢く選ぶのが正解です。では、早速みていきましょう。

FENDIのおすすめ財布5選

ピーカブー コンチネンタルウォレット

ピーカブー コンチネンタルウォレット 104,500円(税込)/FENDI(フェンディ)

フェンディの人気コレクション「PEEKABOO(ピーカブー)」から登場した「ピーカブー セレリア コンチネンタル」財布。手のひらにしっとりとなじむ最高級カーフレザーに、フェンディのアイコンバッグ「ピーカブー」を象徴するクロージャーをあしらった、唯一無二のエレガンスが際立つ長財布です。ゆったりとした内部にマチ付きポケットが2つ、ジップポケットが1つ、カードスロット10枚、また複数のフラットサイドポケットを備えた、すっきりと収納できるデザインです。ライトブルーが、優しい印象を醸し出しています。

ジップアラウンド財布(グリーンレザー財布)

ジップアラウンド財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)ジップアラウンド財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)

3辺をジップ開閉できるジップアラウンド長財布。フェンディの新モノグラムとしてすっかりお馴染みになった、逆さまに配置されたグラフィカルな「F」が特徴的な「F IS FENDI(エフ イズ フェンディ)」のアイテムです。内側にマチ付きコンパートメントを2つ、ジップポケット、カードスロットを備えています。ハンマー加工が施されたダークグリーンに、メタルパーツのゴールドが高級感漂うアイテムです。

コンチネンタル財布(ピンクレザー財布)

コンチネンタル財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)コンチネンタル財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)

ピンクのレザーに、ブラックでプリントされた「FENDI ROMA」のレタリングが、一際目を引くスタイリッシュな長財布。スナップボタンで開閉するタイプです。ゆったりとした内部にマチ付きポケットが2つ、ジップポケットが1つ、カードスロットが10枚、フラットサイドポケット2つを備えた、収納力抜群のデザインなので、使い勝手も申し分なし。

マイクロ 三つ折り財布(バーガンディレザー財布)

マイクロ 三つ折り財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)マイクロ 三つ折り財布 79,200円(税込)/FENDI(フェンディ)

ミニバッグや洋服のポケットにぴったりなサイズ感のコンパクトな三つ折り財布。FFロゴが型押しされたレザーで仕立てに、アイコニックなバッグ「Baguette(バゲット)」のメタリックバックルがあしらわれた、ミニサイズながらも主張のあるデザインです。コインケースが外側にあるため、財布を広げずにスピーディーに硬貨を取り出せます。内側には、紙幣用仕切りとインナーカードポケットが付いた、機能的な三つ折り財布です。

三つ折り財布(ライトブルーレザー財布)

三つ折り財布 95,700円(税込)/FENDI(フェンディ)三つ折り財布 95,700円(税込)/FENDI(フェンディ)

最上級カーフレザー「クオイオ ローマ」が使用された、タイムレスで上品なデザインに仕立てられた「ピーカブー」の三つ折り財布。アイコニックなターンロックで留めるコインケースは外側にあるので、硬貨の取り出しも楽らく。内側には、紙幣用仕切りが2つに、横向きに収納できるカードポケットが10枚と、コンパクトでありながら実用的な機能が充実したコンパクトウォレットです。

2021年を新しいお財布と共にスタートしてはいかがでしょうか?

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo