イタリアを食べる日の写真
FOOD 29 Jun 2021

在日イタリア商工会議所が本物のイタリア料理を伝えるイベント「The Authentic Italian Table(イタリアを食べる日)」開催


あなたが食べているイタリア料理は本当にメイドインイタリー?

日本でも人気が高く、日常的に食されているイタリア料理。スーパーや百貨店では多くのイタリアの食材が並んでいますが、それらは本当にメイドインイタリーでしょうか。
実は今「イタリアン・サウンディング」と呼ばれる、イタリアを喚起させる名称や画像、商標を使用していながら、イタリア産でない商品が市場に溢れているのです。あなたがメイドインイタリーと思って食べていたものが、本当はメイドインイタリーでないかもしれません。

そんなイタリアン・サウンディングを食い止めるべく、世界各地のイタリア商工会議所では、消費者が本物のイタリア食材や料理を認識できるようになることを目的としたイベントを開催しています。
日本でも6月14日(日)に第3回「The Authentic Italian Table(イタリアを食べる日)」が在日イタリア商工会議所によって開催されました。

イタリアを食べる日キービジュアル

第3回「The Authentic Italian Table(イタリアを食べる日)」のテーマは「ヘルシー・ベジタリアン・自家製ベーカリー」

今回のイベントのテーマは「ヘルシー・ベジタリアン・自家製ベーカリー」。特別ゲストとしてイタリア料理界の人気シェフ、マリオ・フリットリ氏(略歴:1966 年イタリア、トスカーナ州生まれ。“パスタの神様”アンジェロ・パラクッキ、仏料理のポール・ ボキューズの二大巨匠に師事。イタリア人らしい美的感覚、フレンドリーな人柄が人気を集め、TV・ 雑誌など多方面でも活躍中)、イタリアパン職人の角谷聰氏がイベントに参加し、本物のメイドインイタリー食材を使用したクッキングショーを行いました。

マリオシェフが作るグルテンフリーのパスタと新鮮なイタリアの素材を使ったヴィーガンパスタマリオシェフが作るグルテンフリーのパスタと新鮮なイタリアの素材を使ったヴィーガンパスタ。

角谷シェフが作ったふすまパン角谷シェフはドライトマトとオレガノ、オリーブ、ふすまの3種類のパンをイタリアパンの魅力と共にお届け。

他にも、在日イタリア商工会議所が認定する「AQI(Adesivo di Qualità Italiana)」と呼ばれる、イタリアの文化とホスピタリティを伝道する本格的なイタリアンレストランより、Elio Locanda Italiana オーナーシェフのエリオ・オルサーラ氏、NIDOの戸羽剛志シェフ、Pepe Rossoの今井和正シェフ、Focaccia di Recco 500の岩井文芳シェフ、Tanto Tantoの飯岡憲二シェフ、Trattoria le Sardeの安澤典宏シェフらイタリア料理のプロフェッショナルたちによる、イタリアの食材などをテーマとしたパネルディスカッションを行い、本物のメイドインイタリーに対する熱い思いを語りました。

パネルディスカッションでイタリア料理への愛を語るシェフたち。パネルディスカッションでイタリア料理への愛を語るシェフたち。

Elio Locanda Italiana オーナーシェフのエリオ・オルサーラ氏は、南イタリアらしい濃厚な味わいのヴィーガンラビオリを披露。Elio Locanda Italiana オーナーシェフのエリオ・オルサーラ氏は、南イタリアらしい濃厚な味わいのヴィーガンラビオリを披露。

Trattoria le Sardeの安澤典宏シェフは、パンを使ったポルペッティーニを披露。Trattoria le Sardeの安澤典宏シェフは、パンを使ったポルペッティーニを披露。

Tanto Tantoの飯岡憲二シェフが披露したのは、シチリアの代表料理チャンボッタ。Tanto Tantoの飯岡憲二シェフが披露したのは、シチリアの代表料理チャンボッタ。

Pepe Rossoの今井和正シェフは、初夏らしい一品インサラータ・パンテスカを紹介。Pepe Rossoの今井和正シェフは、初夏らしい一品インサラータ・パンテスカを紹介。

イタリア料理研究家が教える自宅で簡単に作れるヴィーガンレシピ

さらにイベントには、イタリアから有名人気料理研究家のペネデッタ・パロディー氏がオンラインで参加し、自宅で簡単に作れるヴィーガンレシピ「かぼちゃとグラナパダーノチーズフォンデュ風パスタ」を紹介しました。

イタリアの有名人気料理研究家のペネデッタ・パロディー

かぼちゃとグラナパダーノチーズフォンデュ風パスタの作り方

①かぼちゃを一口大にカットし、200度に熱したオーブンで焼く。
②卵黄2個分、パルメザンチーズ 100g、生クリーム 250gを鍋に入れ、とろみが出るまで煮てフォンデュを作る。
※チーズは味が強いため、塩は加えない。
③パスタを茹でる。
④フォンデュとパスタを混ぜ、最後にかぼちゃを加える。

AQI 第一回ミールキット&テイクアウトコンテスト賞発表

イベントの最後を飾ったのは、AQI 第一回ミールキット&テイクアウトコンテスト賞の発表です。食材が重要とされるイタリア料理において、テイクアウトメニューは容易な挑戦ではありません。しかしパンデミックにより大きな影響を受けるレストラン業界では、多くのレストランがテイクアウトメニューを開発しました。そして今回、テイクアウトメニューを提供するAQIレストランの中から、4カテゴリーに分けてミールキット&テイクアウトコンテスト賞を発表しました。

ベストミールキット賞:イル・バーカロ/フライパンひとつで作れるリゾット(販売価格950円)
テイクアウト賞:Nido/プロシュットコット、トリュフ、アジアーゴチーズのニーディ ディ ロンディネ(販売価格1400円)
ベストパッケージ賞:イル・バッチョコーネ/ディジェッレ・モッツァレラチーズと18か月熟成パルマ産プロシュット(販売価格1400円)、
みんなのPreferito(イタリア語で:一番好き)賞:LIBERO/ペペロンチーノセット(販売価格2500円)

今後は地中海ダイエットをテーマとしたプロモーションを予定

イタリアを食べる日ギフトバッグイベントで配られたギフトバッグ

今回のイベントには、約100名がオンラインで参加。正真正銘のイタリアの食文化に対する知識を高める良い機会となりました。
在日イタリア商工会議所では今後もイタリアの食文化の真髄を深めるプロモーションのほか、イタリアを中心とした地中海ダイエットをテーマとした新しい食のプロモーションを予定しています。今後の展開にも注目です。

<お問合せ先>
在日イタリア商工会議所
電話:03-6809-5802

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/