FEATURE
FOOD 09 Apr 2021

プロのバリスタが教える「本物のイタリアンコーヒー」Musetti(ムゼッティ)を楽しむ6つの方法


コーヒーへの「愛」と人をつなぐ「体験」

Musettiブランドの歴史は80年ほど前に遡り、1934年イタリア・ピアチェンツァ市の中心部に、ルイージ・ムゼッティ氏が「La Casa del Caffè」というコーヒーショップを創業したことから始まりました。

ムゼッティ氏が毎日丁寧に小さな焙煎機で豆をローストし、オリジナルのコーヒーブレンドを準備して販売。 その日々の努力と味が認められ、人々に愛されるコーヒーブランドとなりました。 現在は日本をはじめ、60カ国で輸入販売されています。

Musettiが目指すのは「コーヒーへの献身的な想いが伝わる一杯を注ぐこと」、そしてコーヒーを飲む人の好みや需要に応えられるプロダクトを作り続けること。 永遠に変わらないコーヒーへの情熱や愛は、Musettiコーヒーブレンドの欠かせない材料の一部とも言えます。

創業者のルイージ・ムゼッティ氏は「一番大切なのは、(コーヒーへの)愛と体験である」と語っています。 そのコーヒーへの愛を伝えるため、そしてコーヒーを飲む人にとってそれが意味のある体験になるように、Musettiは自社生産プロセス、コーヒーの生豆の厳選から焙煎、梱包や流通までを徹底追求し、「本物のイタリアンコーヒー」を世界中のコーヒー愛好家たちへ提供しています。

今回ITALIANITYでは、皆さんにMusettiコーヒーをより一層美味しく飲んでもらうために、2名の日本バリスタ協会公認のバリスタの方を迎え、Musettiの2つのブレンドGold CuvéeRossaを使用したプロが薦める「エスプレッソを楽しむ6つの方法」をご紹介します。

Musettiを楽しむ方法 阿部バリスタ編

Musettiブランドの原点には「コーヒー=人と人をつなぐもの」という理念がありますが、イタリアンバール ピエトレ・プレツィオーゼのオーナーバリスタである阿部圭介氏も「コミュニケーションツール」としてコーヒーを活用しています。

「自身にとっては物事を円滑に進める潤滑油ですかね」 と含み笑いをしながら語る阿部バリスタは、大のイタリア好き。 何度もイタリアを訪れたことがあり、プロのバリスタとして数多くのイタリアンコーヒーを飲み比べてきました。

(イタリアンコーヒーの魅力は、)他の国々のコーヒーとは違い、少ない量だけど程よい温度と香り高さ、奥行きのある味わいがあるからこそ、短時間でリフレッシュが可能となることで、毎日の時間の有効活用ができることでしょうか。日常の節目節目で1杯のイタリアンコーヒーを挟むことで、毎日充実した日常を送る事ができますよ。

中でも一段とイタリアンコーヒーの香りと味の奥深さを楽しめるのがこのMusettiコーヒー。 プロたちを唸らせる「本物のイタリアンコーヒー」を、バリスタおすすめの飲み方で是非堪能してみてください。

Vol 1. Gold Cuvée エスプレッソ with 黒蜜 & 和三盆

Musettiを存分に楽しむには、やはりシンプルなエスプレッソは欠かせません。 阿部バリスタいわく、エスプレッソは万能な食材として活用されていて、今では和菓子を作るための調味料の代替品としても使われているそうです。

和三盆は他の砂糖と異なり、甘すぎない上品な味わいなため、コーヒーの風味を邪魔しない特徴があります。よって、香り高いGold Cuvéeの特徴を引き出してくれます。黒蜜もお好みで量を調整しながら加えていただくと、エスプレッソが濃くて飲みにくい方でもお楽しみいただけると思います。

阿部バリスタは「ドーシング」と呼ばれるエスプレッソを淹れる際フィルターにコーヒー粉を入れる、その詰め方にこだわりを持っています。

フィルターに詰めた粉の密度が、いつも同じような塩梅かどうかということです。もちろん目で見て判別できることではないのですが、長年意識してやってきた経験と言いますか、詰めた粉のほうからしっくりきたタイミングを教えてくれる声が聞こえるんです。

Vol 2. Rossa シェケラート・ナポレターノ

阿部バリスタが、ナポリを訪問した時にふらっと入ったバールで飲んだドリンクがこのシェケラート・ナポレターノ。 ご自身が経営するバールでも人気商品となっているとか。

シェーカーでエスプレッソを急冷させて作るシェケラートとは異なり、ミキサーで作るので、冷たいコーヒークリームとでも言いますか、まるでゆるいジェラートを食べているかのような、食感がある飲み物で非常に印象深い思い出があります。

冷たいデザートのような感覚のドリンクで、これから暖かくなる季節にぴったりかもしれないですね。 Rossaブレンドを使用することで、コクのある力強い味わいが引き出されています。

Vol 3. Gold Cuvée ラッテ・マキアート

分かりやすく表現すると「コーヒー風味のホットミルク」とも言えるエスプレッソドリンクです。 ミルクをキメ細やかで滑らかになるようスチームして、香り豊かなGold Cuvéeを使用することで、コーヒーの苦手な方でも美味しくエスプレッソを楽しめます。

阿部バリスタに使用する豆の決め手となるポイントをお伺いしたところ、エスプレッソを主体としたドリンクなのか、隠し味的な存在で使用するのかなど、作るドリンクによって選び方が変わってくるとのこと。

ブレンドのようにコクのある力強いテイストの豆とシングルオリジンのような苦味を感じないキレのある特徴を持つ豆をはじめとするアラビカ種主体の豆とを使い分けています。

Musettiを楽しむ方法 松本バリスタ編

2018年度のバリスタグランプリにて優勝をした松本卓巳氏にとって、コーヒーは日常の生活に「無くてはならないもの」。

日常に溶け込みすぎていて、空気のような存在です。 バリスタとして言うならば『自分を表現できる物』です。

特にイタリアンコーヒーは、エスプレッソドリンクをアレンジしたり、甘さを調整したり、と「自分だけの飲み方」を発見できることが魅力だと言います。

Vol 4. Rossa ウインナーコーヒー

日本人にも馴染み深いウインナーコーヒー。 使用したRossaはしっかりとしたコクと深い味わいで生クリームとの相性は抜群です。 生クリームはグラニュー糖と少し空気を含ませ、コーヒーと一緒にお飲みいただける固さに仕上げるのがポイント。 生クリームの後からくる力強いRossaの味わいは格別です。

ドリンクに合わせて使用する豆を選ぶ時は、自分が自信を持って美味しいと思えるかどうかが大切だと松本バリスタは考えています。コーヒーは嗜好品なのでお一人お一人に好みがありますが、それを作る私たちに自信が無ければ、好みの味だったとしてもお客様に美味しいと感じてもらえないと思います。

コーヒーは嗜好品なのでお一人お一人に好みがありますが、それを作る私たちに自信が無ければ、好みの味だったとしてもお客様に美味しいと感じてもらえないと思います。

Vol.5 Gold Cuvée カフェ・シェケラート

エスプレッソをシェイカーで急冷して作るシェケラート。 松本バリスタのオリジナルレシピは、ノチェッロというクルミのリキュールを加えて作ります。 Gold Cuvéeはまろやかな苦味とナッツ系の香り、甘味と酸味のバランスが絶妙で、同じナッツ系のノチェッロとの相性も抜群です。 キレの良い苦味とナッツの風味を楽しんでいただきたい一杯。

Vol 6. Rossa カフェラテ

定番のメニューだからこそ、バリスタとしての腕前のみせどろ。 そしてコーヒー豆の選び方で大きく味わいが変わると言います。 まろやかなミルクの口当たりとほのかな甘さがRossaのしっかりとしたコクを際立たせ、口の中に広がります。 力強いRossaとミルクの相性は、定番のドリンクを特別にしてくれます。

松本バリスタは、常にコーヒー豆の鮮度を維持することを意識しているそうです。お店でもご家庭でも、保存方法にはしっかりと気を遣い、必ず冷蔵か、長期保存の場合は冷凍するのがおすすめ。

どんなに素晴らしいコーヒー豆だとしても鮮度が良くなければ美味しく淹れることはできません。 使用する時はしっかり常温に戻してから使用することも大切です。 使う分を事前に小分けにしておき、翌日使う分を前日の夜に出しておくなどして頂ければ美味しい状態でお飲みいただけると思います。

Musettiコーヒーの魅力

様々な嗜好に合わせて長年開発されたMusettiのコーヒーは、どのブレンドも全体のバランスが良くどんな飲み方にも合うのがポイントです。

阿部バリスタのお気に入りは、今回ご紹介しているRossa。「本当に美味しいし、万能な豆なんですよ」と動画撮影の合間にもコメントされていました。

Musetti社のコーヒー豆は然程深煎り過ぎないので、コクはもの凄くありますが苦すぎないので、コーヒー本来の芳醇な香りとキレを感じ、味わい深く楽しめます。 エスプレッソとしてはもちろんのこと、ミルクとの相性が非常に良いコーヒー豆です。 またお湯で割ったアメリカーノもコクのあるドリップコーヒー感覚で楽しむことができます。

Musettiのコーヒーは全体のバランスが良いので、エスプレッソで飲んでもミルクを加えても美味しいという松本バリスタ。

まずはシンプルにエスプレッソで飲んでいただきたいです。 飲む際はぜひお砂糖をたっぷり入れて飲んでみてください。 コーヒーに正解はないので、ぜひご自分の楽しみ方を見つけてください!

シンプルにエスプレッソを淹れて、お砂糖や代わりの甘味料を入れたり、スチームやフォームのミルクを加えたエスプレッソドリンクを作ったり、スイーツやお料理の調味料にしたりと、たくさんの「エスプレッソの楽しみ方」があります。 どんな使い方をしても「最高の体験」にしてくれるMusettiコーヒーで、自分だけの楽しみ方を堪能してください!

購入に関するお問い合わせは、ACトレーディング社まで

Musetti Japan公式インスタグラムアカウントはこちら

Musettiコーヒープレゼントキャンペーン開催!

MUSETTIプレゼントキャンペーンビジュアル

ITALIANITYでは4月16日のイタリアエスプレッソデーを記念し、3名様にMusetti Gold Cuvéeが当たる#tasteofitalyキャンペーンを実施いたします! Musettiのコーヒー豆をゲットして、おうちで阿部バリスタと松本バリスタおすすめのエスプレッソドリンクを楽しむことができます。

キャンペーン期間: 4月16日(金)〜5月5日(水)
プレゼント商品: Musetti Gold Cuvée 250g 1缶
応募方法: Musetti Japan公式インスタグラムアカウントをフォローして、キャンペーン期間中に投稿されるプレゼントキャンペーンの投稿または「エスプレッソを楽しむ6つの方法」シリーズ動画6本のうちどれか1つにいいね!をしてください。

プレゼントキャンペーン詳細はこちら

関連記事:コーヒーのプロが教える「Musetti(ムゼッティ)」コーヒーの特徴とおすすめポイント

バリスタのご紹介

阿部 圭介

広尾イタリアンバール ピエトレ・プレツィオーゼ オーナー
日本バリスタ協会(JBA) 公認インストラクター
デロンギ・ジャパン株式会社公認デモンストレーター兼バリスタ講師

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。 オーナーバリスタとして本格イタリアンコーヒーやスイーツを提供している。

松本 卓巳

日本バリスタ協会(JBA) 認定バリスタ
バリスタグランプリ2018 チャンピオン
イタリア国際カフェテイスティング協会(IIAC) 認定エスプレッソ・イタリアーノ・テイスター

フリーランスのバリスタ 「Alba」 としてイベントやセミナー、専門学校講師などを務め、2018年バリスタグランプリにおいて優勝。 近年は現場主体の人材育成やカフェ業界の普及に注力している。

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/