イタリアのウエハースロアカーレモン味
FOOD 09 Aug 2021

テレワークのデスクのお供におすすめ!一口サイズのイタリアンお菓子3選


日本でも定番となってきたテレワーク。最初は不便さを感じていた方も、今ではすっかり板についてきた方も多いのではないでしょうか。
自宅で集中して仕事をしていると、気づけば休憩も取らずに長時間デスクに向かい続けていた、なんてこともあると思いますが、良い仕事をするためには休憩も必須。
そこで今回は、テレワークの小休憩や仕事をしながらでもつまめる、一口サイズのイタリアン菓子を3点ご紹介!美味しく糖分を補いながら、脳を活性化させてはいかが?

約100年の歴史を誇るウエハースの代名詞ロアカー

イタリアのウエハースロアカー

まず最初に紹介するお菓子は、スーパーやコンビニでもよく見かけるウエハース、ロアカー。1925年に北イタリア・ボルツァーノの小さなベーカリーから始まったロアカーは、今では世界100カ国以上で愛されています。
ロアカーの魅力は、自然を感じる味わい。自然豊かなイタリア東アルプス・チロル地方に工場を置き、新鮮な湧き水や厳選された素材を使ってナチュラルな味わいを守り続けています。焼き上がったウエハースは、環境に配慮した特別な素材の梱包材ですぐにパッケージングされるため、出来立ての味わいとサクサクとした食感が保たれています。

クワドラティーニ ナポリターナ

イタリアのウエハースロアカー クワドラティーニ ナポリターナ

自社ローストした100%イタリア産のヘーゼルナッツのクリームが、5層のクリスピーウエハースでサンドされたこちらの商品。飽きが来ない豊かな味わいで、ついつい止まらなくなってしまうかも。

クワドラティーニ レモン

イタリアのウエハースロアカー クワドラティーニ レモン

レモンのクリームがサンドされたクワドラティーニ レモンは、夏にぴったりな爽やかな味わい。フルーティーな香りと酸味が楽しめ、コーヒーだけでなく紅茶との相性も抜群です。

イタリア人なら誰もが知るポテトチップス、サンカルロ

イタリアポテトチップス市場60%のシェアを誇るイタリア人が愛するポテトチップスブランド「サンカルロ」

次に紹介するのは、イタリアポテトチップス市場60%のシェアを誇るイタリア人が愛するポテトチップスブランド「サンカルロ」。1936年、ミラノの老舗ロティサリーから始まったサンカルロは、イタリアで瞬く間に人気を博し、現在ではイタリアを代表するポテトチップスブランドとして認知されています。

クラシック

イタリアポテトチップス市場60%のシェアを誇るイタリア人が愛するポテトチップスブランド「サンカルロ」

シンプルな味わいのクラシックは、塩気が控えめなので、しょっぱいポテトチップスが苦手な方にもおすすめ。ポテトそのものの味わいを楽しめ、誰からも愛される王道のポテトチップスです。

トマト

イタリアポテトチップス市場60%のシェアを誇るイタリア人が愛するポテトチップスブランド「サンカルロ」

日本ではなかなか見かけないトマト味のポテトチップス。トマトの風味が程よく感じられ、一度食べたら忘れられない味わいです。

ジェノベーゼ

イタリアポテトチップス市場60%のシェアを誇るイタリア人が愛するポテトチップスブランド「サンカルロ」

イタリア料理の代名詞とも言えるジェノベーゼ味のポテトチップスは、イタリアを感じる味わい。バジル、チーズ、ガーリックの香りが食欲を誘います。

コーヒーのお供といえばこれ、ベリーのカントチーニ

コーヒーのお供といえばこれ、ベリーのカントチーニ

イタリアでコーヒーのお供といえば、歯応えあるカントチーニが欠かせません。1958年、トスカーナで誕生したベリーのカントチーニは、創業者の祖父の頃から続く伝統のレシピを守り続け、現在では30カ国以上で愛されています。そのまま食べても、コーヒーに浸して柔らかくして食べてもおすすめ。

カントチーニ アーモンド ビスケット

コーヒーのお供といえばこれ、ベリーのカントチーニ

アーモンドがたっぷり入ったこちらのカントチーニは、ナッツの香ばしさが感じられる味わいです。コーヒーだけでなく、甘口のワインとも相性抜群。

カントチーニ チョコレート ビスケット

コーヒーのお供といえばこれ、ベリーのカントチーニ

チョコレート好きにおすすめなのが、チョコチップが入ったこちらのカントチーニ。甘すぎないチョコシップがアクセントとなり、コーヒーのお供に最適です。

イタリアのお菓子を楽しみながら、美味しく小休憩してはいかがでしょうか?

商品取扱先
https://www.kitano-kk.co.jp/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/