FASHION

FASHION

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会が開催!

1914年、フィレンツェで最も歴史と格式のある貴族の家系に生を受けた侯爵エミリオ・プッチは、1947年に彼の名前を冠したラグジュアリーブランド「EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)」を誕生させて、「プリントの王子」として世界中で有名になりました。カプリ島で高級スポーツウェアブランドとして生まれたエミリオ・プッチ。自然の風景、建築、エキゾチックな文化からインスピレーションを得て、万華鏡のプリントを制作し、大きなインパクトを残しました。極彩色の幾何学模様が施されたプリント柄で、ご存じの方も多いことでしょう。

2000年4月、プッチ家と「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」や「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」などのラグジュアリーブランドを持つフランスのブランドグループ「LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)」の間で提携が成立し、LVMHは同社の67%を買収。今ではプッチの世界観は世界中で愛されており、多世代の顧客に、スカーフやスニーカー、アイウェア、ジュニアコレクションなどのアクセサリーを含むイブニングウェアからビーチウェアまで、魅力的なイタリアのライフスタイルの魅力で際立つワードローブを発表しています。その創造性は、ファッションのみならず、デザインやホームコレクションにまで広がっています。

2021年春夏コレクションにてトモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)とコラボレーション

そんなエミリオ・プッチが、2021年春夏コレクションにて、2020年のLVMHプライズでファイナリストに選出された日本人デザイナーズブランド「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」とコラボレーションし、カプセルコレクションを発表しました。これまでも、エミリオ・プッチは芸術界の著名人と共にコラボレーションを重ねており、ブランドの特徴でもある抽象的なデザインパターンを応用した作品を発表してきました。

今回のカプセルコレクションで、トモ コイズミはエミリオ・プッチのアーカイブであるVetrate(ヴェトラーテ)プリントからインスパイアされたジョイフルなカラーパレットと、彼独自の特徴的なボリューム感のある大胆でエアリーなシルエットを用いたアプローチを融合させました。オーガンジーが使用された11体のルックは、ヴェトラーテプリントのピーチ、イエロー、ホワイトの色調を反映したドラマティックなシルエットで、彫刻のようなウェアラブルアートに仕上がっています。

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

3月27日(土)~29日(月)BA-TSU ART GALLERYにて特別展示会が開催

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

そしてこのコラボレーションを記念して、3月27日(土)~29日(月)の期間中、BA-TSU ART GALLERYにて、特別展示会が開催されます。本展では、トモ コイズミ×エミリオ・プッチのカプセルコレクションとともに、彫刻家の矢崎良祐とアーティストの大和美緒、大井戸猩猩の3名のアーティストの作品が展示され、特別な空間の中でこのコラボレーション作品を鑑賞できます。

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

「トモ コイズミ」×「エミリオ・プッチ」のカプセルコレクションの特別展示会

それぞれの作品は慎重に配置されており、来場された方々が移動するごとに各アーティストの想いやエネルギーを発見し、受け入れる場となるよう計画されています。エミリオ・プッチがかつて、人から人へ伝わる幸福のメッセージを自身のクリエイティブに込めたように、見えないものを可視化するアーティスト達の、研ぎ澄まされた感性をぜひ体感してください。

■場所:BA-TSU ART GALLERY
東京都渋谷区神宮前5丁目11-5
■日程:一般公開日 3月27日(土)~29日(月)11:00―19:00(最終日16:00まで)
■入場予約:新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、入場定員数を設定した完全予約登録制での入場を導入しています(入場無料)。エミリオ・プッチ公式LINE(@emiliopucci)を友だち追加し、入場予約を行ってください。
エミリオ・プッチ公式LINE @emiliopucci
お客様お問い合わせ先 :エミリオ・プッチ ジャパン 03-5410-8992

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック