FASHION 13 Apr 2021

大人気「Orobianco(オロビアンコ)」の「アズーリ」時計シリーズから、青と黒のコントラストが特徴の「アズーリネロ」が限定発売!


1996年にイタリア・ミラノ近郊で創設された、バッグ発祥のファクトリーブランド「Orobianco(オロビアンコ)」。「La moda italiana bella ma intelligente(デザイン性と機能性を兼ね備えたイタリアンファッションの意)」のコンセプトの下、ブランド独自のもの作りを、伝統的な職人技と最新のIT技術の融合により実現してきました。イタリアらしい鮮やかなカラー、自然で抜け感のあるフォルム、それでありながら実用性の高い製品は、ビジネスからプライベートシーンまで、様々なスタイルを引き立ててくれます。現在はバッグのみに留まらず、衣食住の各分野へ進出する総合ライフスタイルブランドへと躍進しています。

今回、そんなオロビアンコのブランドの生誕25周年を記念して、毎シーズン大好評の「アズーリ」シリーズから、青と黒のコントラストが特徴の「アズーリネロ」モデルが、時計専門店のザ・クロックハウスにて限定販売中です。

大人気「アズーリブルー」シリーズに次ぐ「アズーリネロ」シリーズ。「アズーリネロ」は、イタリア語で青(=アズーリ)と黒(=ネロ)を意味しており、ブルーのダイヤルと、ブラックのベルトが織り成すコントラストが魅力的。ゴールドの針も、シックな佇まいにアクセントを加えています。

オロビアンコ「アズーリネロ」モデル

“月が満ち欠け”する夜空のような青色文字盤「ビアネロ」

OR0077-555 25,300円(税込)/Orobianco(オロビアンコ) ※数量限定60本

「ビアネロ」は、ミニマルなバーインデックスのダイヤルに、ムーンフェイズ機構を搭載した三針モデル。明るい夜空を彷彿とさせる青色の文字盤の上で、月が満ち欠けを繰り返しているような表情を楽しむことができます。

アンティークかつシンプルな文字盤「シンパティコ」

OR0071-555 22,000円(税込)/Orobianco(オロビアンコ) ※数量限定60本

「シンパティコ」はシンプルなデザインの中にも12時位置に施したブランドロゴがさり気なく高級感を主張します。6時位置のスモールセコンドも視認性を邪魔せず、時計としてもスッキリとしたデザインになっています。

ブランドの定番 スケルトンデザインが魅力の「オラクラシカ」

OR0011-555 44,000円(税込)/Orobianco(オロビアンコ) ※数量限定60本

自動巻きの「オラクラシカ」は、腕時計の緻密な構造を覗くことができるスケルトンデザインが魅力。ブルーの文字盤と、シルバーやゴールドに輝くムーブメントがコントラストを生んでいます。インデックスには大きめのローマン文字を採用し、クラシカルなフォルムに遊び心を加えています。

オラクラシカ OR0011-555 購入の方に、限定ノベルティを用意

OR0011-555購入の方限定で、新生活にも利用できるハンカチとボールペンのギフトセットのノベルティを用意。腕時計と一緒に、身の回りの小物をより良いものに変えてみてはいかがでしょうか?
※色は選べません。写真はイメージなので、異なる場合もあります。

ぜひ、オロビアンコのブランドの生誕25周年を記念して登場した、限定時計を手に入れてみてはいかがでしょうか?

https://www.theclockhouse.jp/nb/orobianco/azzuurrinero

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo