FASHION 15 Apr 2021

イタリア人デザイナーのアンドレア ポンピリオが手掛ける「Onitsuka Tiger」から登場した、この春おすすめのスニーカー3選


日本発のファッションブランドである「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」は、ファッションとスポーツ、そしてヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなコレクションを展開しています。

そんなオニツカタイガーのクリエイティブディレクターを務めるアンドレア ポンピリオは、イタリア生まれ。父が建築家、母が画家、祖母がブティック経営という環境で育ち、幼少の頃からファッションデザイナーになる夢を抱いていました。ペザロの芸術大学とミラノのインスティテュート・マランゴーニでファッションを学び、有名ブランドで経験を積んだのち、2011年秋冬にシグネチャーブランドを発表。その後、オニツカタイガーとのコラボレーションを経て、クリエイティブディレクターに就任し、現在に至っています。

今回ピックアップする、ポンピリオが監修したスニーカーは、1970年代に展開していたアーカイブモデルからデザインのインスピレーションを得ています。

アンドレア ポンピリオ監修「Onitsuka Tiger」スニーカー3選

ACROMOUNT

ACROMOUNT 15,000円(税抜)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)ACROMOUNT 16,500円 (税込)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

ヴィンテージ感のあるファブリックとレザーを組み合わせたモデルのローカットタイプ「ACROMOUNT」は、1970年代に展開していた陸上スパイクからデザインのインスピレーションを得て、ヴィンテージ感のあるファブリックとレザーを組み合わせたモデルです。当時の陸上スパイクの特徴であった前足部が薄く中足部からボリューム感があるソールを、軽量なスポンジとラバーの組み合わせで現代のライフスタイルに合わせてアップデートしています。大ぶりなオニツカタイガーストライプも、クラシカルなデザインのアッパーのアクセントとなっています。

ACROMOUNT 16,500円 (税込)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

購入はコチラ

ACROMOUNT MT

ACROMOUNT MT 17,000円(税抜)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)ACROMOUNT MT 18,700円 (税込)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

現代的なフォルムが美しいミドルカットタイプ「ACROMOUNT MT」も、ACROMOUNT同様に、1970年代の陸上スパイクからインスパイアを受けたミッドカットモデル。大ぶりなオニツカタイガーストライプと、足首部分のロゴワッペンが、目を引くスニーカーです。

ACROMOUNT MT 17,000円(税抜)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

購入はコチラ

ACROMOUNT KNIT

ACROMOUNT KNIT 16,000円(税抜)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)ACROMOUNT KNIT 17,600円 (税込)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

また、足をソフトに包み込んでくれるニット素材のアッパーとソールを組み合わせた「ACROMOUNT KNIT」も発売。アッパーサイドにあしらわれたラインは、1970年代のトレーニングジャケットに採用されていたラインであり、ポンピリオによる現代的再解釈によって、ヘリテージとファッションの要素を融合した一足に仕上がっています。

ACROMOUNT KNIT 16,000円(税抜)/Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

購入はコチラ

以上のスニーカー3型は、一部を除く店舗及びECサイトにて展開中なので、気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

www.onitsukatigermagazine.com
facebook:@OnitsukaTiger
twitter:@OnitsukaTiger
Instagram:@onitsukatigerofficial

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo