ミラノコレクションを代表するブランド「MAX MARA(マックスマーラ)」で見つけた、70周年を記念して誕生した大人女性におすすめのコート3選
FEATURE
FASHION 23 Sep 2021

ミラノコレクションを代表するブランド「MAX MARA(マックスマーラ)」で見つけた、70周年を記念して誕生した大人女性におすすめのコート3選


1951年にアキーレ・マラモッティ氏によって設立された、ミラノコレクションを代表するブランド「MAX MARA(マックスマーラ)」。上質で洗練されたコレクションから、多くの人々の支持を受けています。70年という長い道のりを歩んできたマックスマーラは、この度、ファッションの歴史に足跡を残したアイコニックなコートを再編集・リニューアルしたアニバーサリーコレクションを発表します。すべての女性のワードローブに欠かせない要素に手を加え、さらに現代的に仕上げた魅惑的なコレクションです。

ミラノコレクションを代表するブランド「MAX MARA(マックスマーラ)」で見つけた、70周年を記念して誕生した大人女性におすすめのコート3選

「101801」や「リュドミラ」などの伝説のコート、また誰もが愛する「テディベアコート」など、数々のアイコンコートを発表しているマックスマーラ。それらコートは、トレンドや体型、世代を超え、さらに国籍にもとらわれず、すべての女性を魅力的に映してくれます。厳選された上質な素材と仕立ての良さに定評のあるコートは、値は張りますが、一生物のコートとしてぜひ手に入れたいものです。

今回は、そんなマックスマーラの70周年カプセルコレクションとして登場したコートを3種類ピックアップ! 大人女性に寄り添ってくれるコートは、どんな時代のトレンドにも左右されないので、ぜひ注目したい。早速、みていきましょう!

「MAX MARA(マックスマーラ)」70周年記念カプセル コレクションコート3選

「101801」コート

「101801」コート 642,400 円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)「101801」コート 642,400 円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)

唯一無二の存在感を放ち、母から娘へと受け継がれてきた「101801」のキャメルコート。
絶対的なシンプルさと永遠のモダニティのシンボルである、マックスマーラのアイコンコートです。変化し続ける世界において、この定番デザインは、1981年の誕生以来変わることなく安定した存在感を放っています。職人技を駆使した73からなる工程を経て生み出されており、イタリアの繊細なクラフツマンシップの永遠の象徴として、世代を超えて愛され続けているコートです。

「リュドミラ」コート

「リュドミラ」コート 848,100円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)「リュドミラ」コート 848,100円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)

ピュアカシミア素材のダブルフェイスコートの真髄として知られる「リュドミラ」コート。ダブルフェイスとは、異なる二枚の生地を重ねて、一枚にした素材のこと。柔らかく軽いのに、生地が二枚重なっているため、見た目以上にあたたかく、大変機能的。「機能的なラグジュアリー」という、マックスマーラを象徴するコンセプトとの美しいハーモニーを奏でる逸品です。

「テディベアコート」

「テディベア」コート 590,700円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)「テディベアコート」 590,700円(税込)/MAX MARA(マックスマーラ)

2013年に登場し、瞬く間に世界中の女性たちのマストアイテムであり「イットコート」に君臨した「テディベアコート」。上品で光沢感のある短い毛並みの生地は、保温性に優れ、ボリュームがあるにもかかわらず、軽い着心地が魅力的。体を包み込んでくれるダブルブレストのオーバーサイズコートは、ショルダーラインが低くデザインされているため、リラックスした雰囲気を醸し出しています。ゆったりとしたエッグラインシルエットなので、トレンドのローゲージニットにレイヤードしてもごわつき感がなく、快適に過ごせます。

今回ピックアップした3種類のアイコンコートは、裏地にテクノナイロンが採用されています。また、創業年「1951」のアップリケが印象的なリバーシブル仕立てのコートに進化。ぜひ、マックスマーラで人気を博しているコートに注目してみてくださいね!

問い合わせ先
https://jp.maxmara.com/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo