maxmara_slider
FASHION 22 Jan 2021

「MAX MARA」発! 大人女性に似合う、今季旬のブラウン系アイテム5選


今季旬なのが、ブラウンやキャメルといったブラウン系のカラーを取り入れたコーデ。落ち着いた雰囲気であたたかみのあるブラウン系のアイテムは、大人女性を素敵に彩ってくれる頼れる存在です。ライトカラーからダークカラーまで、バリエーションが多いのも人気のポイント。中でも、ブラウン系のワンカラ―コーデに注目。ワンカラ―でスタイリングを組み立てることで、今っぽいおしゃれコーデが簡単に叶うので、ぜひ試してみて!

今回は、「MAX MARA」の2021年リゾートコレクションから、ブラウン系のアイテムをピックアップ! 今季は「理性とロマンス」をテーマに、ロシア・サンクトペテルブルクにインスパイアされたコレクション。プーシキンやトルストイ、チャイコフスキーを生み出した都市であるサンクトペテルブルクから着想を得ています。また国立エルミタージュ美術館が所蔵する皇族や貴族が身に着けた数々の衣装に触れ、マックスマーラの秩序のある優れたデザインと、抒情的なロマンティックな側面を解き放っています。

では、早速みていきましょう!

ジャケット&パンツ

maxmara_jacket_trousers

ジャケットは、セミフィットのシルエットがフェミニンな印象のヴァージンウールの一枚。ダブル織りのソフトでしなやかな生地はストレッチが効いており、通気性と伸縮性を兼ね備えたコンフォートな着心地が魅力です。

パンツは流れるような細かいプリーツが施こされたキュロットタイプ。裾がメローロックで始末され、フェミニンなフリルのようなデザインに仕上げられたワイドレッグシルエットが特徴となっています。深みのあるキャラメルブラウンを、軽い動きのあるシルエットで見せ、重さと軽さのバランスが優れた一着です。

キャメル テディベア ジレ

maxmara_teddybear_gilet

マックスマーラのアイコン素材である「キャメル」をファーのように仕上げたテディベアジレ。高品質なキャメルとシルクが使用された短い毛並みの生地は、保温性に優れ、ボリュームがあるにもかかわらず、とても軽い着心地です。画像のようにドレスの上に重ねて、また軽いアウターの上に重ねてもスタイリッシュに着用することができます。

ワンピース&バッグ

maxmara_onepiece_bag

アイコン素材である「キャメル」100%で作られたワンピース。ストレッチが効いたストレートラインは、リラックス感がありながら、同時に上品さも醸し出しています。

バッグはマックスマーラの「ホイットニー」シリーズの新作。モバイルアクセサリーなどを収納できるショルダーバッグです。ミニマルなデザインなので、必要最低限のものを持ち歩く際に便利です。

MAX MARA
https://jp.maxmara.com/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo