FASHION 01 Mar 2021

「MAX&Co.(マックス アンド コー)」で見つけた! オンライン会議で映えるトップス3選


コロナ渦の今、リモートワークが増えたことに伴って、オンライン会議が日常になり、画面を通してコミュニケーションをする機会が一段と増えました。オンラインでは上半身しか映らないので、映えるトップス選びに気を配る方が多くなっています。

今回は、1986年にイタリアで誕生した、コンテンポラリーファッションブランド「MAX&Co.(マックス アンド コー)」で見つけた、オンライン会議で映えるトップスを3点ピックアップ! 早速、みていきましょう。

MAX&Co.(マックス アンド コー)トップス3選

DAMINO(ダミーノ) コットン パイル スウェット シャツ

コットン パイル スウェット シャツ 28,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)コットン パイル スウェット シャツ 28,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

オンライン会議では、長い時間着用していてもストレスのない、着心地が良く肌触りの良いトップスがベスト。こちらは、サイドジップ付きのフードスウェットシャツ。つや消し仕上げのピュアコットン製で、快適な着心地です。片側にはゴム引きのジップがデザインされており、Tシャツなどをレイヤードして、ちらりとのぞかせる着こなしがおすすめです。キャンディカラーのブルーの他、イエロー、ピンクと3色展開なので、お好みでセレクトしてみては?

購入はコチラ

EPOCA(エポカ) プリントツイルブラウス

プリントツイルブラウス 22,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)プリントツイルブラウス 22,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

クライアントとのオンライン会議の場合、きちんとしたスタイリングが必要になってきます。こちらは、控えめなドットが女性らしい印象のブラウス。フェミニンな一枚は、好印象を与えてくれること間違いなし。落ち感のある流れるようなツイル素材で、体に程良くフィットしてくれます。バックには、リボンデザインがあしらわれており、オンラインでは見えない箇所もスタイリッシュに。同素材のパンツと合わせてジャンプスーツのような着こなしもおすすめです。

購入はコチラ

DATTILO(ダッティロ) エンブロイダリー グラフィック Tシャツ

エンブロイダリー グラフィック Tシャツ 14,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)エンブロイダリー グラフィック Tシャツ 14,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

アイデアに行き詰まったり、ちょっとまったりとした会議のときには、こちらのエネルギー溢れるマックス アンド コーのフィロソフィーが刺繍されたメッセージTシャツで元気に! 着るだけで気分が上がり、また周りにもポジティブなマインドを広げてくれます。ホワイトカラーなので、レフ版効果があり、オンラインでもきれいに映ります。オーバーサイズシルエットで、ワイドなボートネックラインが、今っぽい雰囲気。着心地の良いコットンジャージー素材なので、ストレスフリーで着用可能です。ジャケットを羽織れば、オフィシャルな場にも花を添えてくれますよ。

購入はコチラ

リモートワークでもおしゃれを楽しみ、気分を高めてはいかがでしょうか。

MAX&Co.(マックス アンド コー)
https://jp.maxandco.com/

関連記事:「MAX&Co.(マックス アンド コー)」の永遠の憧れ「ラナウェイ」コートが進化して登場!
関連記事:春を先取り! 「MAX&Co.」で見つけた、大人女性にぴったりの春バッグ4選

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo