FASHION 17 Feb 2021

春を先取り! 「MAX&Co.」で見つけた、大人女性にぴったりの春バッグ4選


まだまだ寒い日が続きますが、冬コーデもマンネリ化してきて、そろそろ春のトレンドファッションを意識したい今の時期。手軽に春気分を取り入れる際におすすめなのが、バッグやシューズといった小物を投入する方法です。

今回は、1986年にイタリアで誕生した、コンテンポラリーファッションブランド「MAX&Co.(マックス アンド コー)」で見つけた、大人女性にぴったりの春バッグを4つピックアップ! 世界中に400店舗以上を構えており、またオンラインショップでも販売しているので、購入しやすいのも魅力となっています。

早速、みていきましょう。

「MAX&Co.」春バッグ4選

COCONUT BAG(ココナッツバッグ)

COCONUT BAG 36,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)COCONUT BAG 36,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

グローバル・カラートレンドの予測などを行っている「PANTONE COLOR INSTITUTE(パントン・カラー・インスティテュート)」が発表した2021年春夏の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」では、「イルミネイティング(明るい黄色)」が選ばれ、今季の注目カラーに挙がっています。

こちらのミニバッグは、そんなトレンド感満載のカラーで、コーデに取り入れた途端、今っぽい雰囲気に。ココナッツのようなコロッとした愛らしい形から「COCONUT BAG(ココナッツバッグ)」と名づけられた春の新作バッグです。お揃いでサンダルも展開しているので、気になる方はぜひチェックを!

DOT BAG(ドットバッグ)

DOT BAG  34,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)DOT BAG  34,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

MAX&Co.のロゴの「Co.」からデザインソースを得た、人気のドットバッグです。マックス アンド コーで末永く愛されている定番の「HERO」アイテムでもあります。HEROアイテムは毎シーズンアップデートされますが、毎回登場する人気アイテムのことを指します。

今シーズンは、キャンバス地をベースに、編み込みのハンドル部分やステッチ周りにはクルエルティフリー(製品をつくる際に動物実験が行われていないことを示すもの)素材のレザーが施されており、意識の高い人々も安心して愛用できます。

Bucket Bag(バケットバッグ)

Bucket Bag  34,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)Bucket Bag  34,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

こちらも、クルエルティフリーのバケツ型バッグ。コロンとしたフォルムなのに、どこかモードな印象を醸し出しており、持つだけでこなれ感はもちろん、おしゃれ偏差値がグッとアップします! 柔らかく持ちやすいバッグなので、活用頻度が上がります。フランス語で「生成り色」を意味するエクリュカラーが、上品さを演出しながら、カジュアルにも取り入れやすいアイテムです。

Roo BAG(ルーバッグ)

Roo BAG  39,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)Roo BAG  39,000円(税抜)/MAX&Co.(マックス アンド コー)

こちらも「HERO」アイテムで、カンガルーのおなかのポケットに似た形から「Roo(カンガルーを意味するオーストラリア英語のスラング)」という愛称で、長く定番的に愛されているバッグです。今シーズンは、デニムシリーズをリニューアルしており、フラワージャガードが施されたデニム地のアイテムが、カジュアルな中にも女性らしさを醸し出しています。

春らしいカラーのバッグをコーデに取り入れて、いつものファッションにアクセントを加えませんか?

MAX&Co.(マックス アンド コー)
https://jp.maxandco.com/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo