FASHION 18 Mar 2021

「Gente di Mare(ジェンテディマーレ)」で見つけた! 春コーデを彩ってくれるメンズアイテム4選


だんだんと春の装いに身を包みたくなってきた今日この頃、ワードローブに招き入れるアイテムを新調したいとお考えの大人男性も多いと思います。

今回ピックアップするのは、リラックス&ラグジュアリーをテーマに、イタリアを中心とする選び抜かれた旬のブランドを取り揃え、ファッションとライフスタイルを提案する「Gente di Mare(ジェンテディマーレ)」。ジェンテディマーレは、実店舗のほか、オンラインショップもあるので、コロナ禍の今、安心してお買い物を楽しめます。

そんなジェンテディマーレで、春コーデを彩ってくれるメンズアイテムを4点ご紹介します。それでは、早速みていきましょう!

「Gente di Mare(ジェンテディマーレ)」メンズアイテム4選

ジャケット

ジャケット 69,300円(税込)/CIRCOLO 1901(ジェンテディマーレ)ジャケット 69,300円(税込)/CIRCOLO 1901(ジェンテディマーレ)

イタリアのバーリに本拠地を置くテキスタイルカンパニー S.G.L.社が展開するブランド「CIRCOLO 1901(チルコロ1901)」から登場した、柔らかい雰囲気に仕上げられたマイクロヘリンボーンのジャージージャケット。

春夏らしいボリュームを抑えたスウェット生地は、ストレッチ性が高く、通気性も抜群。型崩れしにくい秀逸なシルエットで、スッキリと着こなせるジャケットに仕上がっています。トラディショナルなスタイリングと良くマッチし、きれいめな大人っぽいスタイリングからラフに着こなすデニムスタイルまで、インナー次第で幅広く対応してくれるマルチジャケットです。

購入はコチラ

シャツ

シャツ 25,300円(税込)/GIANNETTO(ジェンテディマーレ)シャツ 25,300円(税込)/GIANNETTO(ジェンテディマーレ)

イタリアンサルトの技術をベースに、厳選した素材やハンドメイドの工程を駆使して作られるシャツブランド「Giannetto(ジャンネット)」のホワイトシャツ。

素朴でナチュラルな素材感の定番オックスフォード生地が使用されています。シルエットはやや細身の「スリムフィット」で、洗練された着こなしを叶えてくれます。背中にはダーツを付けず、程良いフィット感。アウトタック用に作られた短め丈で、洗いざらしでデニムに合わせるような、ラフなスタイリングが良く合う一枚です。

購入はコチラ

ニットポロシャツ

ニットポロシャツ 18,700円(税込)/FILIPPO DE LAURENTIIS(ジェンテディマーレ)ニットポロシャツ 18,700円(税込)/FILIPPO DE LAURENTIIS(ジェンテディマーレ)

アドリア海に面したイタリア中部の街「ペスカーラ」で、カルミネ・フェランテと彼の息子フィリッポによって2012年に生まれたニット専業のブランド「FILIPPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ローレンティス)」のニットポロシャツ。

立体的な鹿の子織りでサラリとした質感が魅力のシンプルな一枚です。台襟の付いたシャツ襟に近いデザインが採用され、ジャケットとも相性の良いデザインに仕上げられています。袖口、裾口は三つ折りにしてステッチを掛けたシンプルな仕上がりで、様々な着こなしに対応するデザイン。鮮やかなオレンジカラーが、明るい印象に導いてくれます。

購入はコチラ

パンツ

パンツ 31,900円(税込)/CIRCOLO 1901(ジェンテディマーレ)パンツ 31,900円(税込)/CIRCOLO 1901(ジェンテディマーレ)

チルコロが独自に開発した、ストレッチ性が高く通気性の高い鹿の子生地を使用して製品染めで仕上げられたワンタックのイージーパンツ。

イタリアらしいきれいなアズーロブルーのパンツは、春夏シーズンに活躍するカラーで、スッキリとした爽やかな着こなしが楽しめます。トレンドのワンタックが採用され、股上はやや浅く、程良くスリムなシルエットです。スニーカーやレザーシューズなど、どんなシューズとも相性抜群。洗練されたシャツスタイルや、Tシャツやポロシャツと組み合わせたジャケットスタイルなどの大人コーデにぴったりです。

購入はコチラ

ジェンテディマーレのアイテムをスタイルに取り込んで、春ファッションを楽しんでくださいね。

Gente di Mare(ジェンテディマーレ)
https://www.gentedimare-online.com/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo