FASHION 29 Apr 2021

「EMPORIO ARMANI」からサステナブル コレクションが登場! 世界同時展開に合わせて、青山、心斎橋にて販売中


1981年にイタリア・ミラノで誕生したブランド「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」。デザイナーは、世界で最も影響力のあるデザイナーの一人と言われるジョルジオ・アルマーニで、着心地と自由な発想を大切にしながら、都会的で洗練されたアイテムの数々を提案しています。

そんなエンポリオ アルマーニが、2021春夏コレクションで、地球環境に配慮した素材を用いた「サステナブル コレクション」を発表しました。このコレクションは、4月7日から世界同時に販売が開始されていますが、日本ではエンポリオ アルマーニ表参道店と心斎橋パルコ店の限定2店舗でのみ取り扱います。

エンポリオアルマーニサステナブル コレクション

このカプセルコレクションは2020年秋冬シーズンに初めて登場し、今シーズンで2シーズン目となります。当初は、ブラックカラーでメッセージ性の高いロゴが描かれたインパクトのあるアイテムが数多く登場しましたが、今シーズンは、青と白のカラーパレットを軸に構成され、ぐっと爽やかな印象に変化。フードやトグル、コントラストをつけたステッチ使いのディテールは、マリンや航海をイメージしており、「海」という全人類にとってかけがえのない大切な自然を思わせるコレクションに仕上がっています。

エンポリオアルマーニサステナブル コレクション

使用される素材は、サステナビリティの分野で最も信用性の高い国際基準に従って選定されたものです。GREENLON(廃棄物、エネルギー、炭素排出量削減のため、素材を再利用するプロセスを開発し、汚染度の高いプロセスをこれに置き換えて作られる、環境に優しいテキスタイル)やNEWLIFE(プラスチックをプレミアムヤーンにアップサイクリングした持続可能性プロジェクトをサポートする、高性能リサイクルヤーン)などを使用した開発生地は、ペットボトルから派生したナイロンと再生ポリエステル素材とともに、イタリアで生産されています。

エンポリオアルマーニサステナブル コレクション

強くよられた摩耗性の高いナイロンは、カーペットや漁網などのプラスチック廃棄物のから再生されています。使用されるオーガニックコットンは、環境への影響が低いもので、GMO(遺伝子組み換え生物)を採用せず、農薬や有毒な化学肥料を使用せずに栽培されたものです。また、このコレクションを購入時に使用されるショッパーは、生産前に出てしまうリサイクル繊維生産廃棄物から作られたコットン素材で作られています。

メンズアイテムでは、パーカー、アノラック、ブルゾン、バミューダパンツなどがダンガリー生地で登場。レディスアイテムは、ミニトップス、オーバーサイズのスウェットシャツ、カーゴパンツ、バミューダパンツなどが展開されます。一部のアイテムには「SAVE THE EARTH」というメッセージが、ハンドペイントのような自然な風合いで描かれています。

また、今回のコレクションからは、サングラスと時計も登場。他アイテムと同様に環境に配慮した素材で作られたこれらのアイテムは、堆肥化可能な素材を用いたパッケージに入れて販売されます。

エンポリオアルマーニサステナブル コレクション

昨今、様々な方面でSDGsの取り組みが積極的に行われていますが、ファッションブランドの中でも、アルマーニ社は長年に渡り環境問題や社会問題に対して積極的な取り組みを行ってきました。
アルマーニは「ブランドにとって、社会的責任を担うことはブランドの想像価値の1つである」と公言しています。
本コレクションに関しても、こだわりの素材やメッセージ性の高いデザインなど、「本気度」が伝わってくる内容に仕上がっています。
今の時代を生きるすべての人々にとって身近な問題となった「環境問題」に、この春ファッションの角度から貢献してみませんか?

■展開店舗

エンポリオ アルマーニ 表参道
東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道 1F-2F
Tel. 03-5778-1631

エンポリオ アルマーニ 心斎橋パルコ
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋パルコ 2F
Tel. 06-6258-6201

ジョルジオ アルマーニ ジャパン
https://www.armani.com/armanicom/unisex/emporio-armani/r-ea_section

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
遠藤 友香
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo