FASHION 01 Oct 2021

唯一無二の存在!「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」が、ブランド誕生40周年を記念して、様々な取り組みを展開


境界線を作ることなく、高く飛び上がる「イーグル」をブランドアイコンに掲げ、第一線を走り続けてきた「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」。デザイナー ジョルジオ・アルマーニが手掛ける同ブランドは、1981年にイタリア・ミラノで誕生し、今年ブランド誕生40周年を迎えました。40年という長い期間、ファッションの喜びを表現し続け、決められた規則から脱却しながらも、シルエットやバランスにおいて調和を保ち続けてきました。ノンシャランでエレガントなアルマーニスタイルを確立し、唯一無二の存在に。軽やかさ、流れるようなカッティング、そして色合いの絶妙な具合を探求し続けてきたエンポリオ アルマーニ。ブランド精神においては、常に国境を作ることなく、異なる文化からのインスピレーションを歓迎し、それらの要素を、エンポリオ アルマーニらしい都会的なワードローブに落とし込んできました。

そんなエンポリオ アルマーニの40周年を記念して、2022春夏ミラノコレクション期間中の9月23日(木)、メンズ&レディスの合同ショーとして有観客でファッションショーが開催され、お祝いムード一色に。また、ショーと同じタイミングで、80年代に発行されていた伝説の雑誌「エンポリオ アルマーニ マガジン」復刻版の発刊、エンポリオ アルマーニの回顧展、そして40周年を記念して立ち上がったスペシャルサイトなど、ニュースが目白押しなんです!

今回は、そんなエンポリオ アルマーニ40周年を祝うべく、様々な取り組みをご紹介します!

エンポリオ アルマーニ 2022春夏メンズ&レディースコレクション

今シーズンのエンポリオ アルマーニ2022春夏レディースコレクションは、ドレスやコンパクトなジャンプスーツ、流れるようなシルエットのパンツで、ウエストをキュッと締めたフェミニンなシルエットが多数見られました。まるでパジャマのようにソフトな素材のパンツと合わせたブルゾンは、アフターコロナを見越してか、新たなスーツルックとして提案。

ダスターコートやジップパーカは、まるで空気のような軽やかさ。ジャカードの模様や細かなパターンが、ライトな素材の表面にまるで波打つようなリズムをもたらします。ブルゾンはまるでシャツのように軽く、装飾が施されたボタンやライニングとのコントラストを効かせたコンパクトなスタイルで仕上げられています。

エンポリオ アルマーニ 2022春夏メンズ&レディースコレクション

イブニングウェアでは、鮮やかなカラーパレットが目立ち、スパンコールがまばゆい輝きを放っています。アクセサリーにおいても軽やかさが強調され、編み込みが施されたものや幾何学的なシルエットのサンダル、小型のウエストバッグ、つばの広い帽子などが登場しました。

エンポリオ アルマーニ 2022春夏メンズ&レディースコレクション

メンズコレクションでは、計算されつくしたカッティングのソフトテーラリングジャケットや、透けるような軽い素材のシャツジャケットが登場。ルーズフィッティングのチュニックシャツは、パジャマパンツの上に合わせてセットアップとして提案。タイドアップでコーディネートするのが通例のシャツは、かっちりとした雰囲気とは無縁のプリントパンツと合わせてエフォートレスに。ジャケットは、リネンやジャージー、シルク、ウールといった素材で登場し、それらはどれもストレスフリーな着心地です。シューズは厚底のデッキシューズやサボが登場し、バッグはビッグサイズのものが主流となっています。

エンポリオ アルマーニ 2022春夏メンズ&レディースコレクション

エンポリオ アルマーニ マガジン特別号「THE WAY WE ARE」を発刊

エンポリオ アルマーニ マガジン特別号「THE WAY WE ARE」

エンポリオ アルマーニは、ブランド誕生40周年を記念してエンポリオ アルマーニ マガジン特別号「THE WAY WE ARE」を発刊。マガジンの発刊は1988年の0号よりスタートし、18号まで毎シーズン発刊されていましたが、その後しばらくの間休刊に。その後はブランドにとって特別なマイルストーンのときだけに限定発刊されることになります。2017年にロンドンで開催されたエンポリオ アルマーニのファッションショーの際に発刊された19号目に続き、今作は20号目の発刊です。これまで発行された号は、コレクターズアイテムとしても長い間人気を集めています。今回登場する本作は、過去の号と同じく、ジョルジオ・アルマーニの妹、ロザンナ・アルマーニが出版指揮をとり、総監修をジョルジオ・アルマーニが務めています。

表紙には火星の写真が使われ、今作のタイトル「THE WAY WE ARE」、そして40YEARSの言葉が入っています。「Essere nel momento=Living the moment」―アルマーニの世界では「瞬間を生きる」ことを大切にしていますが、現在を最大限生きるためには、過去を意識することが必要です。エンポリオ アルマーニの精神、すなわち「何にでも対応可能な器」の表現として、このマガジンがフォーカスすることも多岐にわたります。

中面イメージ photo Aldo Fallai中面イメージ Photo by Aldo Fallai

このマガジン「THE WAY WE ARE」は9月下旬以降、日本では代官山 蔦屋書店での販売を予定しています。(※最新情報は代官山 蔦屋書店にお問合せください。Tel. 03-3770-2525)

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

ミラノ万博開会日に合わせてオープンとなった文化複合施設「アルマーニ シーロス」では、2021年9月24日(金)よりエンポリオ アルマーニのブランド誕生40周年を記念して、ジョルジオ・アルマーニが自らキュレーションした展覧会「THE WAY WE ARE」を開催中。エンポリオ アルマーニの精神をユニークな体験に変え、革新的で世界中を駆け抜けるブランドの40年をノスタルジックでない方法で振り返ります。

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

展覧会は、空間を360度取り囲むように構成されており、まさに体験型のエキシビションです。エンポリオ アルマーニは1981年に「アルマーニの刻印で、すべての人がファッションに親しめるようにする」という意図を持って生み出されたブランドですが、マニフェストはありませんでした。その必要がなかったのです。この展覧会は、事後的なマニフェストであり、これまでの精神に基づいた行動指針です。このエキシビションは、それを具体的に生き生きと体験できるものにし、あらゆる方法で五感に訴えます。本展では、長年に渡って開発されてきたユニークなイメージと、ブランドのアイコンともいえるシグネチャーウェアとアクセサリーのほか、エンポリオ アルマーニ マガジンのページを通してみつめてきたミラノの歴史が紹介されています。

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

「エンポリオ アルマーニは1981年に誕生しましたが、それは時代のはるか先を行くものでした。私はこのブランドを、新しいトレンドと捉え、すべての人にファッションを紹介する実験的なラインと考えていました。誰もが何かを見つけ、それを自分なりに解釈して自分のものにすることができるコンテナです。今日では、私のスタイルのコンセプトをダイナミックに表現しており、今でも、個性とコミュニティ、研究と自由という初期の精神を失っていません。エンポリオ アルマーニは、常に現代の世界にしっかりと根ざしたブランドであり、大都市のエネルギーと活力を反映し、そのビートを捉え、服、アクセサリー、アイデアで構成された体験を提供しているからです」とジョルジオ・アルマーニはコメントしています。

エンポリオ アルマーニ ブランド誕生40周年記念「THE WAY WE ARE」展

エンポリオ アルマーニ デジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」

エンポリオ アルマーニ デジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」

ここ日本では、ミラノから発信される「40周年の合言葉」ともいえるキーワード「THE WAY WE ARE」を掲げたデジタルキャンペーンが始動しています。

このキャンペーンには、エンポリオ アルマーニのブランド誕生時にはまだ生まれてもいない、7名の若者が登場します。1981年のブランド誕生時から「コンテナ」のように多様な魅力を持つブランドとしての地位を確立してきたエンポリオ アルマーニ。「アーバンライフ、ダイナミック、無限の可能性、革新的、スポーティ……」それらのキーワードを大切にしてきたエンポリオ アルマーニは、常に「今を切り取る」ことに注力し、ブランドのコミュニケーションに新たな手法を取り入れてきました。

今回、このデジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」に登場する7名の男女はまさにブランドのキーワードに共鳴する「大都会東京で今を生きる」人たちです。俳優やモデル、メイクアップアーティスト、文筆家など、それぞれのバックグラウンドを持つ7名のムービーと静止画が公開されます。それぞれがエンポリオ アルマーニの21-22秋冬コレクションから2ルックを着用していますが、1ルックは、エンポリオ アルマーニ マガジン「THE WAY WE ARE」の中に登場する、ジョルジオ・アルマーニ自身が選出したルックを着用しています。もう1ルックは、7名それぞれが選んだ衣装を着用しており、これは、「ブランドからのコミュニケーションは一方的なものではなく相互に共鳴すべきだ」というジョルジオ・アルマーニの哲学がいかされています。また、7名それぞれが個人のアイフォンや使い捨てカメラを用いて「今を切り取る」ことにチャレンジし、切り取られた「今」は、発表されるムービーの中に収められています。

エンポリオ アルマーニ40周年を記念するこのデジタルキャンペーンは、9月24日より特設サイトで公開中です。

特設サイトはこちらをクリック

【参加者一覧】
前半公開:9月24日(金)公開
窪塚愛流(俳優)/MIU(モデル)/YAMATO(モデル)/中島沙希(モデル)
後半公開:10月4日(月)公開予定
南部桃伽(メイクアップアーティスト)/竹内唯人(アーティスト・歌手)/シャララジマ(モデル・文筆家)

以上、エンポリオ アルマーニのブランド誕生40周年を記念して展開される様々なニュースをお伝えしました。ぜひ、ジョルジオ・アルマーニが作るブランドの世界観を体感してみてくださいね!

WRITER PROFILE
遠藤 友香

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。 その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。 大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。 大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。 雑誌・TV・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、 モードの世界をより深く追求したいと思い、2004-2005年「Istituto Marangoni ミラノ校」にてFashion Styling修士課程修了。 現在、新聞、TV、ラジオ、雑誌、WEB、スマホサイト等、幅広い場で活躍。また、アート関連の記事も執筆。 https://allabout.co.jp/gm/gp/496/profile/ Twitter@uca_endo