荒川静香
FASHION 01 Aug 2018

荒川静香さん主演「インティミッシミ・オン・アイス」を鑑賞! 【小林真子のイタリア通信】


日本人女性として初めてフィギュアスケートでオリンピック金メダリストに輝いた荒川静香さん。11年前の出来事ですが、あのイタリア・トリノでの感動をまるで昨日のことのように覚えている人も多いのではないでしょうか。そういう私もその一人。

当時の私はテレビ局の報道記者で、あの日は夜勤日でした。未明の静まり返った局内で、徹夜で編集作業をしていたディレクターと一緒にテレビの前にかじりつき、荒川さんの演技を祈るような思いで見つめたものです。そして金メダルの瞬間! 画面の向こうでは荒川さんがそれはそれは爽やかで輝く笑顔をふりまいていらっしゃいましたが、画面こちらの私は感極まって涙がボロボロボロ・・・。

「荒川静香さんがヴェローナのアイスショーで主演」というショーの宣伝を目にした時は、一挙にあの時の感動がフラッシュバック。このイタリアで荒川さんのスケートを見られるなんて~! と思わず小躍り。すぐにチケットを購入し、いざヴェローナへ。

一流の美と感動がヴェローナに集結

インティミッシミ・オン・アイス

アイスショー「インティミッシミ・オン・アイス」とは、イタリアのランジェリーブランド〈インティミッシミ〉が開催する音楽とファッションとフィギュアスケートが一体化したエンターテイメントショーで今年は4回目の開催となります。

荒川さんが女性ソリストに大抜擢され、世界的スケーターのエフゲニー・プルシェンコさんやステファン・ランビエールさんらとともに華麗な舞を繰り広げるというフィギュアスケートファンにはたまらない豪華な内容。

古代ローマ劇場、アレーナ・ディ・ヴェローナ

会場はブランドの本拠地ヴェローナにある古代ローマ劇場、アレーナ・ディ・ヴェローナ。普段、野外オペラ劇場として使われるアレーナが2日間のみアイスショーの会場に様変わりしました。

キアラ・フェラーニ

キアラ・フェラーニ 衣装デザイン

今回のショーでは世界一のインフルエンサー、キアラ・フェラーニさんが衣装をデザインしたことでも話題に。〈インティミッシミ〉の下着をベースにした衣装がどんな風に仕上がっているのかということもファンたちの興味を惹きつけました。

キアラ・フェラーニ他

橋本マナミ他

開催初日にはキアラ・フェラーニさん他、ハリウッド女優のケイティ・ホームズさんやブランドミューズを務めるモデルのイリーナ・シェイクさんらが招待され、ショーの開幕に華を添えました。日本からは女優・モデルの橋本マナミさん、モデルのエミ・レナータさんが特別招待され、ショーを楽しまれたようです。

イナバウアーのたび、会場は大歓声に!

荒川静香

“A legend of BEAUTY”というサブタイトルがついた気になるショーの内容は、ギリシャ神話に登場する美しい女神たちが奏でる物語をベースに展開されました。

荒川静香さんが女神アフロディーテとして最初に登場すると、会場は一気に大盛り上がり。私の周りでイタリア人ファンたちが「ほら、トリノ五輪の金メダリストよ」などとささやいているのを耳にし、五輪の記憶が鮮明に蘇りウルウルっと・・・。

アンドレア・ボチェッリ 荒川静香

イタリアの人気歌手アンドレア・ボチェッリさんが披露する生歌をバックに圧倒的なオーラを放ちながら優雅に舞う荒川さん。彼女の代名詞イナバウアーが披露されると会場はわれんばかりの大歓声に包まれ、感動のあまり胸がジーンと熱くなりました。

ランビエール プルシェンコ

世界で活躍するトップスケーターたちも登場。ランビエールさんやプルシェンコさんが高速回転やダイナミックなジャンプなど華麗な技を次々と披露するたびに会場ではどよめくような歓声と拍手喝采が起こり、2時間のショーはあっという間にフィナーレへ。トロイの木馬が燃やされ炎に包まれるという大がかりな演出の中、荒川さんがトロイのヘレン役を熱演。感動に包まれた雰囲気の中、ショーは幕を閉じました。

迫力ある生歌、芸術的なライトアップ、凝りに凝った演出が融合し、フィギュアスケートファンならずとも楽しめる一大エンターテインメント。毎回人気があるのも納得です。

11年越しの夢が叶い、イタリアの地で荒川さんの演技を直に見ることができて今もまだ夢見心地ですが、そんな夢のようなショーを届けてくださった荒川静香さんにヴェローナでお話を伺ってきました。ショーの感想やイタリアの印象などなど、その気になるインタビュー内容は近日中に公開になりますのでどうぞお楽しみに!

荒川静香さんへのインタビューはこちら

お問い合わせ先:カルツェドニアジャパン
東京都渋谷区神宮前6-3-9 ユーハイム表参道アネックス
TEL:03-6632-0540

WRITER PROFILE
小林 真子 Mako Kobayashi

フィレンツェ在住。元静岡朝日テレビ報道記者。2012年よりフィレンツェ在局FMラジオ番組レギュラー出演。イタリアの労働ビザを取得し、イタリア製アイテムのオンラインショップ「AmicaMako(アミーカ・マコ)」を経営。「FIATマガジンCiao!」「週刊新潮」等でイタリア関連の記事やコラムを執筆。 ●ブログ https://www.blog.amicamako.com/ ●FACEBOOK https://www.facebook.com/amicamako/ ●INSTAGRAM https://www.instagram.com/makokobayashi_firenze/ https://www.instagram.com/amicamako_onlineshop/