LIFESTYLE

LIFESTYLE

イタリア男子とヒゲ!みんな大好きヒゲの話

イタリア男子にとってスタイルを決める重要なもの、それがヒゲ。ヒゲがおしゃれアイコンとなっているここ数年、イタリアでBarbiere(バルビエレ)と呼ばれる、 男性の髪の毛・ヒゲをメインに扱う理容店の人気が復活し、たくさんオープンしています。もちろん、女性も行くことができます。


イタリア語で髪を切る職業の名前は、Barbieri(理容師)Parruchieri(美容師)という、二つの名前があります。毛を剃ることができる/できないで区別するという俗説もありましたが、今はAcconciatore(アッコンチャトーレ)と統一して呼ばれるようになっています。とはいえ、Barbiereは男性向けというイメージはまだまだあります。


私の住むトリノにも、かっこいいバルビエレがたくさんあります。

おすすめのBarberia di cirteは、こだわりのオーガニック製品を使っているバルビエレです。お店もかっこいいので、自分が通いたいくらいです。



ローマ人と髭・理容室の歴史をイラストで解説したイラストです。

ヒゲとローマ人

今ではヒゲを伸ばす人がほとんどのイタリアですが、紀元前3〜1世紀にかけては、戦闘時に掴まれないように「ヒゲがない」のがローマ人でした。実際、その時期のローマ皇帝の彫像を見ると、ヒゲがありません。


ローマ皇帝でヒゲを流行させたのは、ハドリアヌス帝だと言われています。彼は、ヒゲを生やしていた古代ギリシャ人の習慣を復活させたのです。ハドリアヌス帝の後、ローマ人の間でヒゲが流行します。

髭にまつわるイタリア語を解説するイラストです。

ヒゲのトレンド

私の体感では、男性の8割がヒゲを生やしているイタリア。ヒゲのスタイルにも色々なものがあります。顔の形によって似合うヒゲを選ぼう!なんて髪型のようなヒゲ診断もあるくらいです。


最近のトレンドはこの2つ。

Sfumatura

スフマトゥーラ=グラデーションを意味するイタリア語です。顎のほうに向かうにつれて、だんだんと濃くなっていくように剃るスタイルです。毎日のお手入れが欠かせない繊細なスタイル。

Hipster

ヒップスター。口ヒゲと長めの顎ヒゲが特徴です。マスクの下からもはみ出るくらいの長さ。これにしているだけで、オシャレっぽく見えるスタイルです。只者じゃない感が素敵。


ヒゲ男子に聞いてみると、ヒゲのお手入れは、「週に2~3回洗う。リンスをする。くしでとく。オイルをつける。」と、意外に手間がかかるのだとか。

まだまだ知らないヒゲの世界。「もし男性に変われるのなら、一度はやってみたいなぁ」と思います。