COLUMN
AUTOMOTIVE 25 Sep 2019

高速道路・事故・イタリアの車事情


イタリアの高速道路アウトストラーダの支払いはテレパスが増えています

高速道路はアウトストラーダと呼ばれます。

高速道路での支払いは、現金とカードとETC。キャッシュレスが進むイタリアでは、現金で支払うのはだんだん少数派になりつつあります。

テレパスも普及しています。テレパスは駐車料金も払えたり、高速道路料金の割引があるので利用者がふえています。

イタリアでは土日の交通渋滞を解消するために、土日は大型トラックの運行は制限されています。

そのため、土日はアウトグリルと呼ばれるサービスエリアやパーキングには月曜0時の制限解除を待つトラックがたくさん待機しています。

アウトストラーダの制限速度は130㎞

日本とイタリアを行き来しています。イタリアに帰るといつも「イタリアの車は速すぎて怖い!」となります。

イタリアの市街地での制限速度は時速50km。高速道路は時速130km!日本より時速30kmも速いのです!時速120~130kmで走っていても追い越されるので、速い車は時速140km以上出しているはず。

2つの国を比べてみると

人口 日本 約1億2千6百万人 イタリア 約6千万人
車の保有数 日本約8千万台  イタリア 約4千万

ここまでは日本はイタリアのほぼ倍です。しかし・・

交通事故死亡者数 日本 3694人 イタリア3325

交通事故の死亡者数はほぼ同じ。人口に対して考えると……死亡事故が多いです。イタリアで運転する時はくれぐれも気をつけて。

ワダシノブさんの記事一覧はコチラ

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
ワダシノブ

イラストレーター・マンガ家。マンガ・書籍挿画・webなど幅広いジャンルで活躍。2007年にイタリアへ移住し、現在は北の街トリノに住む。イタリアに関するマンガ・エッセイをwebで連載中。Kpop・Kドラマが好き。趣味はpodcastの配信。HP→https://www.wadashinobu.com/ shinobu.it@gmail.com