欧州最大のマンガの祭典、ルッカコミックス-ゲームス 2021年開催情報!
CULTURE 02 Sep 2021

欧州最大のマンガの祭典、ルッカコミックス-ゲームス 2021年開催情報!


トスカーナ特集KV

イタリアのマンガの聖地といえばトスカーナのLucca(ルッカ)です。
ルッカは斜塔で有名なピサから電車で30分。作曲家プッチーニの生家がある街。ここで開催されるLucca Comics&Gamesは、1993年にLucca Comicsとして始まり、95年にComics&Gamesに変わりました。

これはヨーロッパ最大のマンガ・ゲーム・SFの国際見本市です。規模は東京のコミケに次ぐ2番目と言われています。2019年には27万枚の入場チケットが販売されました。2020年はオンラインのみの開催となりましたが、2021年は10月28日(木) – 11月1日(月)の開催が予定されています。

2019年に私も会場に行きました。中世の街並みに集まるあらゆるジャンルのオタクたち、仲間。この期間のルッカには、ヨーロッパ中から人が集まるので市内に宿泊するのは無理でした。ルッカの街自体が大きくないのもあります。宿泊は近隣の都市にして、電車でルッカに行くというのが一般的です。どうして電車かというと、自動車だと街の間の渋滞がすごいのです。電車も時間を間違えると、乗車するまでに2~3時間待ちは当たり前。

さて、ここの見所はなんといっても街を歩くコスプレイヤーたち。ルッカの街の中心部は、巨大な城壁に囲まれています。その城壁の上部は並木道になっているので、開催時にはそこをスパイダーマン、セーラームーンと大勢のコスプレイヤーが行ったり来たりしています。もちろん、お願いすれば、気さくに写真を撮らせてくれます。

ルッカ コミックス&ゲームスは、日本のコミケとは違い同人誌の販売などはありません。見本市なので、各出版社やゲーム会社、映像配信の会社などがブース出展し、最新の商品を宣伝します。また、各国から漫画家が招待され展示会や講演もあります。2019年にはジョジョの奇妙な冒険の荒木飛呂彦先生の講演もあったんですよ。

2021年はCovid-19対策で、1日のチケット販売数を20,000枚までと限定なっています。サスティナブルであることが大事なイタリア。会場もこれまでのように仮説テントを立ててというものではなく、既存の建物を使って行われます。これまでとは違い、チケットがないと入れない場所が多いので事前にチケットを購入を強くお勧めします。

海外からのゲストの発表はまだありませんが、今年はどんなことイベントがあるのか、楽しみです!

欧州最大のマンガの祭典、ルッカコミックス-ゲームスについて説明したイラスト

欧州最大のマンガの祭典、ルッカコミックス-ゲームスについて説明したイラスト

ワダシノブの記事をもっと読む

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
ワダシノブ

イラストレーター・マンガ家。マンガ・書籍挿画・webなど幅広いジャンルで活躍。2007年にイタリアへ移住し、現在は北の街トリノに住む。イタリアに関するマンガ・エッセイをwebで連載中。Kpop・Kドラマが好き。趣味はpodcastの配信。HP→https://www.wadashinobu.com/ shinobu.it@gmail.com