CULTURE

CULTURE

イタリアで春分の日の後の最初の満月あとの行事とは?

イタリア人にとっても最も大切な行事の一つとは

Pasquaパスクァ(復活祭)の季節です。日本ではイースターという英語の名前で定着しつつあるこのイベント。キリスト教の大切な行事です。

2019年は4月21日の日曜日。パスクアの日曜日は「春分の日の後の最初の満月あと」と決まっているので、毎年変わるのです。

パスクアの食べ物といえば、何と言ってもチョコレートエッグ

この時期のスーパーマーケットには、たくさんのチョコレートエッグが並びます。

メインは子供向けのおもちゃが入ったものです。バービーやアニメキャラ、サッカーチームのグッズなどが入っています。価格は1つ1,000円前後からです。

もちろんアクセサリーなどの大人向けのものもありますが、大人は、チョコレートのメーカーや質が選ぶポイントです。高級パティスリーのチョコーレートエッグは味も見た目もうっとり

italy

チョコレートの他に食べるもの

他にもパスクアの食べ物はいろいろとあります。

その1つがコロンバ

鳩の形をしたパンのようなお菓子です。上はかりかりの砂糖生地、中はほんのり甘くドライフルーツが入っているブリオッシュのようなお菓子です。チョコレートやピスタチオ味などもあります。

パネットーネ同様にコロンバを朝ごはんに食べる家庭も多いです。ちぎったコロンバを牛乳に浸して食べると美味しいんですよ。私はさっとトースターで温めて食べるのが好きです。

italy

他にもパスクアの食べものといえば、Casatielloカサッティエロです。

ドーナツ型のケーキのような見た目ですが。中は、サラメ・チーズ・ゆで卵としっかり塩味、食事用のケーキです。ラードが入っているので、見た目以上にずっしりした食べ応えがあります。一切れでお腹いっぱいになりますよ。

パスクアの翌日の月曜日はパスクエッタと呼ばれます。

この日は家族や友人とピクニックをする日なのだとか。パスクアで食べ過ぎた体を、散歩でちょっと解消?と思ったら、その日はBBQなんて人も多いみたいです。イタリアらしく食べてこその休日ですね。

ワダシノブさんの他の記事はこちら