FEATURE
CULTURE 16 Dec 2019

イタリアのカレンダーあるある!


新しい年にむけて買うもの。
私にとってのそれは新しい年のカレンダー。

12月になると、本屋や文房具店ではたくさんのカレンダーが。この時期もちろん手帳も多く売られていますが、手帳は年度始まりの9月始まからずっと売られている感じがあります。カレンダーは、今がまさに買うとき!

イタリアのカレンダー日本との違い。

イタリアでは1週間は月曜日から始まります。なので、カレンダーの一番左にあるのが月曜日です。

イタリアのカレンダーの定番は名画や動物、近所の薬局でもらったもの

イタリアカレンダーあるある①

・曜日が縦書き。

横のものももちろんありますが、縦書きのものもあります。慣れるまで「?」となりますが、この方が「○曜日が何日かが一目でわかりやすい」と言うイタリア人が結構多いです。

イタリアカレンダーあるある②

・聖人が多い

イタリアでは365日、毎日誰かしらの聖人の日です。もちろん、聖人の日だからといって、全ての日が祝日になるわけではありません。が、自分と同じ名前の聖人の日はお祝いする習慣があるので、イタリア人にとって大事なのです。

例えばロベルト(女性の場合はロベルタ)は聖人のRoberto Bellarminを祭った9月17日がお祝いをする日。友人・親戚から電話がかかってきたり、ドルチェをもって職場に行ったりします。南イタリアでは特にこの日を祝う習慣が盛んです。

イタリアカレンダーあるある③

・オランダ式カレンダーという謎の呼び名

書き込みができるようにスペースがあるカレンダーのことをCalendario Olandese(オランダ式カレンダー)と呼びます。何故オランダ式と呼ばれるのかは、誰に聞いても分からない…合理的だからなのかな?

ご存知の方は、是非ご一報ください!

旅ガイド本には載っていない、ワダシノブさんのイタリアの何気ない日常はこちら

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
ワダシノブ
ワダシノブ

イラストレーター/マンガ家/gifアニメーター 🇮🇹在住、夏は🇯🇵 毎日 絵を描いています。ピザもご飯も好き。 ほぼ日刊note https://note.mu/shinobuwada コルクbooksでマンガ修行 https://corkbooks.com/users/?