CULTURE 24 Dec 2019

【Buon Natale】イタリア人のクリスマス、どうやって過ごす?


とにかく喋って、食べての繰り返し

さぁ! クリスマス☆トップ画像はフィレンツェを彩るクリスマスの飾りつけ。なんとも幻想的です。
24日になり、仕事の都合で遠く離れた幼馴染や家族が帰省してきました。イタリア人が集まると、喋る!喋る!食べる!食べる! クリスマスとその前日は、胃袋と体力勝負の2日間です。

聖夜は友人達と

25日、クリスマス当日は家族とお祝いするため、12月24日の夜に友人達と夕食を共にします。

クリスマスイブは友人とディナー。テーブルコーディネート

メニューは、前菜に4種類のクロスティーニ、2種類のパスタ、そして鶏のローストと共に美味しいワインがすすみます。

前菜のクロスティーニ

前菜のパスタ

前菜のパスタ

鴨のロースト

食事後は、止まらないお喋りと一杯になったお腹で、教会までお散歩。

自宅から教会までフィレンツェの街を散歩

21時からキリストの降誕を祝うミサが始まります。

24日21時から教会でミサがはじまります

クリスマスは家族と共に

クリスマス当日は家族でお祝いします。
まずは、プレゼント!
日本から到着したプレゼントも家族に渡されます。

クリスマスプレゼント

昼食は家族それぞれが腕を揮います。
デザートは夫の父の出番! 毎年、南イタリア定番のクリスマス菓子を作ってくれます。

南イタリアの家庭料理

南イタリアの家庭料理

南イタリアの家庭料理

南イタリアの家庭料理

沢山食べて、沢山お喋り。
みんなクタクタになりながらも、お喋りは止まりません。
残った食事を家に持ち帰り、26日の聖ステファノの休日にいただくことにします。
イタリアのクリスマスは1月8日まで続きます。
Auguri! Buone Feste !!!

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
クリスマスを家族で楽しむ料理「ラザーニャ・タタミ(Lasagne Tatami)」
もうすぐクリスマス! イタリア人はどんなプレゼントを贈り合う?
“おもちゃの街”へ変貌を遂げる、「Como Città dei Balocchi (コモ・チッタ・ディ・バロッキ)」に行ってきた!

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
奥田マリア

イタリア在住。カンパーニャ州出身の夫・義両親と共に暮らし、イタリア人家族の日常生活やイタリア文化に関する記事を執筆する他、日本文化についてイタリア人に情報発信している。