BUSINESS 06 Jul 2021

過去最多となる156社が出展!第58回モーダ・イタリア&第68回シューズ・フローム・イタリー開催


イタリア貿易振興会が開催する大規模見本市「第58回モーダ・イタリア」と「第68回シューズ・フローム・イタリー」が、本日より8日(木)までベルサール渋谷ガーデンにて開催されます。
コロナ禍において世界的に多くの展覧会がオンライン上で行われ、去年はモーダ・イタリアとシューズ・フローム・イタリーもオンラインでの開催となりましたが、今回はオフラインでの開催。見本市には過去最多となる156社が出展し、イタリア企業が日本市場を重要視していることが伺えます。

本日実施された記者発表会にはジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使、イタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏が登壇し、イタリアと日本の現在の貿易状況について意見を述べました。

テープカットを行うジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使とイタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロテープカットを行うジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使とイタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏

記者発表会でジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使は、2021年前半期のイタリア輸出データについて触れ、2021年1月から5月におけるイタリアから日本への衣料品輸出が前年同期比20.3%、メンズ衣料品は17.1%、レディース衣料品は14.25%、靴は9.8%上昇したことを発表し、対日本市場に関するイタリアの顕著な回復について喜びを露わにしました。

スピーチを行うジョルジョ・スタラーチェ大使ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使

また現在日本人は隔離期間なしでイタリアに滞在可能で、今後アリタリア航空にて羽田ーローマ直行便が再開見込であることにも触れ、今後日本からイタリアへの渡航者が増加するであろうと期待を述べています。

大使に続いて登壇したイタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏は、本見本市について「イタリアのファッションに関わる日本の方にとって恒例のイベント」であると述べ、今回実施された新たな試みについて語りました。

イタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏イタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏

今回新たな試みとして登場した写真撮影サービスでは、期間中にスタイリストが出展企業の洋服を用いてマネキンにスタイリングを行い、会場内に設置された写真撮影ブースで撮影。ここで撮影された写真は、イタリア大使館貿易促進部の公式Instagramアカウントに投稿されます。

会場内に設置された写真撮影ブース会場内に設置された写真撮影ブース

また会場に来られない方のために、商品が閲覧可能なオンラインプラットフォームが用意されるほか、会期中は、会場とイタリアの現地企業をオンラインで結び、サンプルを手に取りながらオンラインで商談が可能です。

会場の入り口にはSDGsからインスピレーションを受けたグリーンインスタレーションが展示。ローズマリーなどを用いた巨大オブジェが来場者を迎えます。会場の入り口にはSDGsからインスピレーションを受けたグリーンインスタレーションが展示。ローズマリーなどを用いた巨大オブジェが来場者を迎えます。

エリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏はまた、今回参加できなかった近隣諸国の方々も、近いうちに参加できるようになることを期待していると述べました。

会場を周るジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使とイタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏会場を周るジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使とイタリア大使館貿易促進部のエリカ・ディ・ジョヴァンカルロ氏

会場の様子

会場の様子

会場の様子

会場の様子

会場の様子

会場の様子


第58回モーダ・イタリア&第68回シューズ・フローム・イタリー

日時:2021年7月6日(火)~8日(木)10:00 – 19:00 (最終日のみ17時まで)
会場:ベルサール渋谷ガーデン
※展示商談会のため、デザイン情報を目的とした来場は固くお断りいたします。
https://modaitaliashoesfromitaly.eventidigitali.ice.it/

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
「ITALIANITY」編集部

「ITALIANITY」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。 http://italianity.jp/contact/