FOOD 21 Dec 2020

テイクアウトOK!クリスマスにぴったりのPIZZA!|Jaffaが教えるナポリピッツァの真実Vol.14

SHARE

2018年12月に東急東横線「都立大学駅」徒歩1分の場所にOPENして人気のピッツェリア「ソロノイ スルヌジェ(SOLONOI sulnuje)」で、クリスマスに食べたいピッツァを紹介しましょう。新型コロナウィルスの感染防止対策として、席数を減らして席間を開けられており、入口でしっかりと消毒をしてから店内に入ると、スタッフ皆さんもマスクをしているので安心感もあります。また最新の空調換気システム「ロスナイ」が導入されており、店内の空気を強制的に換気して入れ替えながら、暖房の熱を逃がさないシステムなので、換気していても温かく居心地の良い店内を実現しています。

店名の「SOLO NOI(ソロノイ)」とは、「私たちだけの」という意味で、自分たちにとっても、お客様にとっても「自分たちだけの特別な店」でありたいという意味で付けられた店名です。後に続く「sul nuje(スルヌジェ)」は、「SOLO NOI」のナポリ弁だそうです。縦に細長い店内は、カウンター席があるのでお一人様のランチやディナーなどで、1人でテーブル席に座るのは恥ずかしいという人でも、安心して行くことが出来ます。テーブル席はゆったりとした配置で、奥には個室も用意されています。広めのテーブルは、家族や友人との食事を楽しいものにしてくれることでしょう。また、窯の見える場所にはお子様連れに優しいソファ席があり、お子様用チェアも用意してあります。ベビーカーの入店もOKなので、乳児や幼児、お子様連れなど、ママやファミリー層にも使いやすいお店です。

入口から店内に入ると、中央の目立つ所にある薪窯がナポリで三代続く「ステファノフェラーラ(Stefano Ferrara)社」の薪窯です。

また、煙突も日本一の煙突職人で銅板アーティストの宮村浩樹氏が設計施工した、MW(MIYAMURA WORKS)製というこだわりも良いですね。

ランチは山盛りサラダとピッツァで1200円のコースがあり、セットのサラダがしっかりとボリュームがあるのはとても好感が持てます。オマケ程度の小さなランチサラダだと、アラカルトで別に頼みたくなりますから(笑)。

ピッツァは、日本ナポリピッツァ職人協会認定試験にも合格しているオーナーピッツァイオーロの名取洸二郎氏が作ります。名取氏は駒沢や神谷町にある人気店「ダ・ペッペ・ナポリスタカ」でGiuseppe Errichiello(ペッペ)氏に鍛えられ、右腕のように活躍していた実力派ピッツァイォーロ(ピッツァ職人)です。

そして、もうひとつ特筆することは、ピッツァが美味しいだけでなく料理も美味しいことです。

まだまだ日本ではピッツァの人気店なら、イタリア料理全部が美味しいと勘違いしている方が多いと思います。これは手打蕎麦や鮨の人気店に行って、「和食」全てが美味しいと期待するようなものです。ピッツァ職人は、蕎麦打ちや鮨と同じ職人技なので、パスタやイタリア料理を作るクオーコ(料理人)とは別の仕事なんです。

しかし、この店には、有名イタリア料理店で腕を磨いてきた実力派のシェフがいるので、前菜やパスタ、肉料理、魚料理、ドルチェまで全て美味しい店です。

とはいえ、この店の主役は「ナポリピッツァ」なので、必ずピッツァは食べないともったいないですよ。

わざわざ蕎麦打ち名人の店に行って、蕎麦を頼まずに、サイドメニューとカレーだけ食べて帰るのと同じです(笑)。

では、早速主役のピッツァについて紹介していきましょう。

まずはじめに食べて欲しいのはシンプルな「マリナーラ」です。

マリナーラのトッピングは、トマトソースを塗った生地にたっぷりのミニトマト、ニンニク載せて焼き上げてからオレガノを振りかけた、香り豊かでジューシーなマリナーラです。450度から500度になる高温の薪窯で1分半ほどで焼き上げられたピザ生地は、良い色に焼け、小麦の香りと味わいが実に旨い!。これに、ミニトマトのもつ甘味、酸味、塩味、ニンニク、オレガノなどのバランスが良くとても旨いナポリピッツァです。

そして、ここからは今の季節、特にクリスマスに食べて欲しいスペシャルなピッツァを2種類ご紹介しましょう。

クリスマスにオススメのピッツァ

初めに紹介するのは、師匠のペッペさんの名前を冠したピッツァ「ドン・ペッペ:2530円」です。

星の形をしたスタイリッシュなピッツァなので、クリスマスに頼むとインスタ映えするお薦めピッツァですよ。
丸く伸ばした生地に切れ込みを入れて、辛口サラミ、リコッタチーズ、バジルをトッピングします。
星の形に角を織り込んでいきます。中央の部分には水牛のモッツァレラチーズとミニトマト、バジル、オリーブオイルをトッピングしています。

焼き上げると星の形をしたピッツァになり、角の部分はカルツォーネ(包み焼き)、中央部分はマルゲリータDOCになるので、1枚で2種類のピッツァを楽しめるスペシャルなピッツァです。

次に紹介するピッツァは、クリスマスリースのような形のかわいいピッツァ「Flatelli(フラテッリ):2530円」です。
丸く伸ばした生地の中央に十字に切り込みを入れてからトッピングを始めます。
生地で包まれる部分(4カ所)には、ゴルゴンゾーラチーズとキノコをトッピング。

オープンになっている部分(4カ所)には、対角線上に後述する「ラジュウ」と「ガレージ」という2種類のピッツァのトッピングをして窯の中に投入します。

ナポリピッツァの柔らかい生地で作るリース型のピッツァを、窯の中で形を崩さずに均等に焼くのが職人の腕の見せ所です。

焼き上げてから仕上げトッピングとして「グアンチャーレ(豚のホホ肉の塩漬け)」と生ハム、ルッコラを乗せていきます。

ピッツァフラテッリは、ソロノイのカルツォーネと「ラジュウ (色々なお肉、燻製モッツァレラ)」、「ガレージ(レモン、サルシッチャ、グアンチャーレ、ルッコラ)」という、1枚で3種類の味を楽しめる贅沢なピッツァです。

このピッツァの名前「Flatelli(兄弟達)」には、兄弟のような2軒のお店の名物ピッツァと、ソロノイのコラボメニューという意味が込められてます。

栃木県の足利市にある「Pizzeria Laggiù (ピッツェリア ラジュゥ)」多部田弘之氏と、茨城県の潮来駅に隣接するイタリア料理店「ITALIAN GAREGE(イタリアン・ガレージ)」村田友哉氏とは、兄弟のような仲間(村田氏は実の兄)なので、それぞれのお店の名物ピッツァをトッピングにして、ピッツァ「Flatelli(フラテッリ)」という名前にしたそうですよ。

食後にはドルチェとエスプレッソまで楽しんでくださいね。

焼きたてをその場で食べるのが1番美味しいのはもちろんですが、「フラテッリ」も「ドンペッペ」もテイクアウトOKなので、クリスマスパーティの時に、テーブルの上にこれを置くと華やかな演出が出来ること間違いなしですよ。

都立大学「ソロノイスルヌジェ」で、期間限定のスペシャルなピッツァ「Flatelli (フラテッリ)」と、星形ピッツァ「ドンペッペ」は、クリスマスシーズンに入った今だから楽しみたい逸品です。

SOLO NOI sul nuje

ソロノイ スルヌジェ
電話:03-6421-2875
東京都目黒区中根1-7-3オフィス都立大ビル1F
東急東横線 都立大学駅から徒歩1分

<ランチ>
11:30~14:00LO (土日祝14:30LO)
<ディナー>
17:30~22:00LO (日祝21:30LO)

日曜営業
定休日:毎週火曜日(祝日の場合翌日)

予算
昼:¥1,000~¥1,999
夜:¥4,000~¥4,999
サービス料・チャージ:夜200円

席数:43席(テーブル20席、ソファ8席、カウンター7席、個室8席)
貸切:可
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

https://solo-noi.com/

WRITER PROFILE
Jaffa
Jaffa

ブログ「旨いナポリピッツァ」主宰で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当として活躍中。これまでに4000枚を越えるナポリピッツァを食べ歩き、知識と経験だけではない交友関係の広さから、TV、ラジオ、雑誌等でナポリピッツァの企画や解説、百貨店催事やグルメイベントのプロデュース、ピッツァ職人コンテストの審査員やステージ解説、レストランのメニュー開発など、ナポリピッツァに関わることを総合的に企画。ピッツァの本国ナポリにある「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から、日本人では唯一の公式ブロガーとして認定されています。Instagramでは、ナポリピッツァの画像を中心に情報発信をしています。 「blog」https://ameblo.jp/pizzanapoletana 「Instagram」https://www.instagram.com/jaffapizza/

PR

時計ジャーナリスト・並木浩一氏がおすすめする、注目の腕時計7選ーー価格を超えた“腕時計以上のスーパーウォッチ”とは?

Mondo Alfa
PR

ひと味ちがう。イタリアンなキャンプごはん

fiat magazine CIAO!
PR

ふわふわオムライスが看板メニューのカフェ&デリ「オッキアーリ」|愛車と楽しむおすすめカフェ巡り(岐阜)

SCORPION MAGAZINE
PR

イタリア流エスプレッソの楽しみ方

fiat magazine CIAO!
PR

イタリアのライフスタイルそのものを伝えたい。老舗チョコレート店「ヴェンキ」の挑戦

Mondo Alfa
PR

本場イタリアも驚く、絶品ナポリピッツァ 東京の名店

fiat magazine CIAO!